佐野市消防本部
本部紹介119番について火災予防救急申請書・届出統計消防団等KIDSページリンク集
 
 
HOME > 119番について > 統合型位置情報通知システムについて
119番のかけかた
統合型位置情報通知システムについて

統合型位置情報通知システムの運用を開始しました

佐野市消防本部では、平成25年1月1日から、NTT固定電話からの119番通報の通報位置を通知する 「新発信地表示システム」と、携帯電話及びIP電話(インターネット回線を利用)からの119番通報の通報位置を通知する「位置情報通知システム」を統合した新システム「統合型位置情報通知システム」の運用を開始しました。

(以前は、携帯電話・IP電話等からの119番通報のみ位置情報通知システムが表示可能でした。)



統合型位置情報通知システム


■システムの特長

統合型位置情報通知システムは、佐野市内から119番通報した場合に、音声通話と併せて通報者の発信位置情報が自動的に消防本部指令センターに通知され、指令装置の地図上に通報者の位置が表示されるものです。


■システム導入のメリット

位置情報通知システム(統合型)へ移行すると、全ての電話サービスの位置情報を指令台の画面で表示出来るようになるほか、自動的に出動指令に反映できることなどにより業務効率の向上が期待されます。
指令時間の短縮により、早く現場に到着ができ、災害を最小限に抑えることにつながります。


■注意事項
  • IP電話で「050・・・」で電話番号が始まる電話サービスを除いたものとなります。
  • 携帯電話での通報時、携帯電話の機種や通報場所によって正確な位置の表示ができない場合や、携帯電話の電波状況で隣接する消防本部にかかる場合がありますので、119番通報に際してはこれまでどおり通報場所の住所や目印となる目標になるものをお伝えください。
  • 119番通報時、発信者番号非通知(184)の場合、位置情報は消防本部に通知されません。
    ただし、消防本部において緊急に位置情報が必要であると判断した時には、位置情報を取得する場合があります。

■対象となる電話と通知される位置情報等

【対象となる電話】 【通知される位置情報等】
第3世代携帯電話(※1) 携帯電話番号並びに位置情報(緯度・経度)を
地図上に表示
IP電話及び固定電話等
(電話番号が050で始まる電話サービスは除く)
電話番号並びに契約者住所・氏名を地図上に表示

※1 第3世代の携帯電話は、NTTドコモ、au、ソフトバンク等です。対応となる機種やGPS(全地球測位システム)対応機種については、お使いの携帯電話の各通信事業者にお問い合わせください。


トップへ戻る

佐野市消防本部