佐野市消防本部
本部紹介119番について火災予防救急申請書・届出統計消防団等KIDSページリンク集
 
 
HOME > 119番について > 119番通報例
119番のかけかた
119番通報例

通報例 1 (火災)

火事です。

 住所は佐野市○○町○○番地の○○商店です。

 建物の窓から火が出ています。 (燃えている物は○○です。)

 店の○○階で   

 逃げ遅れている人が○○人います。   

 現場への目標は○○です。」


通報例 2 (救急)

救急です。  

 場所は佐野市○○町○○番地、消防太郎です。

 80歳の祖父が食事中、突然倒れました。  

 意識がありません。

 呼吸はあります。  

 以前に、脳卒中で○○病院に通院しています。  

 今使っている電話番号はxx-xxxxです。  

 私は孫の花子です」


通報例 3 (急に耳が聞こえなくなり発声できる場合)

119番をかけ電話機の表示が「呼び出し」から「通話中」となったら

「※私は耳が聞こえません。

 救急です。

 場所は佐野市○○町○○番地、消防太郎です。

 おなかが痛く、歩けません。

 以前に、脳卒中で○○病院に通院しています。

 今使っている電話番号はxx-xxxxです。

(※繰り返し)

 私は耳が聞こえません。救急です。場所は佐野市○○町○○番地、消防太郎です・・・・・ 」  

伝わりにくい場合もありますので、ゆっくり繰り返し伝えてください。
場所、状況が分かり次第、消防車、救急車を出動させ、電話を切断します。
電話機の表示が「通話中」から待ち受けになると思います。

 ただし、近くに電話(119番通報)ができる方がいる場合は、その方に通報を依頼してください。


トップへ戻る

佐野市消防本部