佐野市消防本部
本部紹介119番について火災予防救急申請書・届出統計消防団等KIDSページリンク集
 
 
HOME > お知らせ > 感震ブレーカーの設置について
お知らせ
感震ブレーカーの設置について


東日本大震災や阪神淡路大震災で発生した火災の6割以上が電気に起因する火災と言われています。大地震時の電気火災を防ぐには、揺れを感知して自動的に電気を止める「感震ブレーカー」の設置が効果的です。


<感震ブレーカーとは>

感震ブレーカーは、地震時に設定以上の揺れを感知した時に電気を自動的に止める機器です。

一般的なブレーカーは漏電には対応していますが、地震による火災対策には効力はありません。感震ブレーカーは、地震の揺れをセンサーが感知し、あらかじめ設定しておいた震度以上の場合に『配線用ブレーカー又は漏電ブレーカー等』を遮断する器具で、ご家庭に設置することで出火を防止することができます。

内閣府・消防庁・経済産業省発行の資料をダウンロード(別窓)できます。


<感震ブレーカーの種類と特徴>

感震ブレーカーには様々なタイプのものがあり、ご家庭の状況によって設置するものを選ぶことができます。


分電盤タイプ 分電盤にい一定の震度を感知して電気を遮断する機能が付いたもので、基本的には全ての電気が遮断されます。

揺れを感知してからブレーカーが落ちるまでに時間的猶予を持たせているものが多く、その時間を使って避難などを行うことができます。
コンセントタイプ コンセントに差し込むタイプと、既存のコンセントと取り換えて埋め込むタイプがあります。

個別のコンセントの電気を遮断することができるため、電気ストーブや観賞魚用ヒーターなど熱を発する器具を接続する箇所が適しています。
簡易タイプ ブレーカーに直接とりつけるもので工事の必要はありません。

一定の震度により『おもり』の玉が落下することでブレーカーを遮断するおもり式や、地震の揺れを内部センサーが感知するとバンドが下降してブレーカーを遮断するバンド式などがあります。



避難のために、保安灯(補助灯/非常用照明器具)の設置をお勧めします!

揺れを感知してから切断までの時間的猶予が無いタイプの感震ブレーカーの場合、照明類も即座に消えてしまう場合があります。

夜間に地震が起きた際は、例え自宅であったとしても暗闇の中での避難はとても難しく、転倒した家具や割れたガラス・陶器などで怪我をする可能性があります。

更に、地震の恐怖と暗闇の不安によってパニック状態に陥りかねません。停電すると自動で非常用の照明が点灯する(補助灯/非常用照明器具)などをあらかじめ設置しておくと、感震ブレーカーにより照明が消えても安全に避難などが可能になります。


感震ブレーカーの他にも火災予防対策を!!

感震ブレーカーは通電火災対策には大変有効です。

しかし、地震による火災の原因は通電火災だけではありません。ガスによる火災、石油ストーブなどの暖房機器による火災など様々なことに気を付けなければいけません。

感震ブレーカーを取り付けたからといって、過度な安心感を持つのは避けましょう。もしもの時のために住宅用の消火器を用意するなど、二重三重の火災予防対策を講じることが必要です。


くわしいことは下記へお問い合わせください
消防本部予防課
電話:0283−23−9910




佐野市消防本部