HOME 行政評価
 
行政経営システムの構築


行政経営システムの構築

これからの行政運営は、財政状況が厳しい中で、様々な行政課題を解決しながら、魅力ある安定したまちづくりを行っていくことが求められます。

これに対応するためには、佐野市のまちづくりの課題や目標、方針等を明らかにして、それを達成するための組織編成や人事管理、必要な事業の実施を行い、その成果をきちんと市民に説明していくことが重要です。

そのためには、行政評価の取り組みを通して、計画と予算との連動を図り、更に組織編成や人事管理・人材育成等、市の主要なシステムを連動させることで、まちづくりの課題に効率的・効果的に機能する行政経営のシステムを構築する必要があります。

このため、合併以降、はじめに総合計画策定を行政評価の手法を取り入れて策定し、計画がスタートしてからは、行政評価結果に基づく進行管理を行っています。

また、行政評価の評価単位と予算の事業単位を一致させ、事務事業評価の結果を予算編成に反映できるようにしたほか、平成20年度から、総合計画の施策別に予算配分を行う施策別枠配分予算編成を行い、総合計画と予算との連動を図りました。

この他、総合計画の施策目標や方針を達成するために、組織編成や人事管理・人材育成との連動を図る取り組みを行っています。

このように各システムを連動させることで、各システム本来の機能が十分に発揮できるようにすることが行政経営システムの構築であり、その構築を推進するために、行政評価の取り組みを行っています。
 
お問い合わせ   行政経営課 電話0283-20-3005
gyouseikeiei@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る