HOME 行政評価
 
評価結果の総括と今後の方向性


評価結果の総括と今後の方向性

事務事業の現状を把握し、それに基づく評価結果を受けて、具体的な事務事業の改革改善活動にどのようにつなげるかが大切です。

事務事業の改革改善については、それぞれの評価項目で「見直す必要がある」という評価を出した点を基に改革改善案を作成します。

例えば、目的妥当性評価で「見直し余地あり」と判断された場合は、事業の廃止・休止、目的の再設定などを視野に入れる必要がありますし、有効性評価や効率性評価では事務事業の進め方を見直すなどしてコスト削減や成果向上に取り組むための方策を検討する必要があります。また、公平性評価では、受益者負担の適正化が求められます。

このように、評価結果に応じた事務事業の改革改善案の検討を行います。さらにこの改革改善案を実現可能なものとするため、単に改革改善案を提示するだけでなく、その際に想定される課題とその解決策をセットで考えます。
 
お問い合わせ   行政経営課 電話0283-20-3005
gyouseikeiei@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る