HOME 計画・方針など
 
佐野市ひとり親家庭等自立促進計画


ひとり親家庭等自立促進計画

本市は、平成19年3月22日「こどもの街宣言」を行いました。あすの佐野市を担うすべての子どもたちのために、保護者が、学校が、地域社会が一緒になって、子どもを大切に育て見守り続けることを宣言したものです。その実現のためには、誰もが安定した収入や生活基盤のもとで、安心して自立した生活を営むことが重要であり、市民共通の願いでもあります。

近年、本市におきましても、離婚等によりひとり親家庭が増加傾向にあります。ひとり親家庭の生活は、ひとりの親が育児と生計の維持という両方の役割を担わなければならず、それぞれの家庭に応じたきめ細かな生活支援を行うことが必要となっています。このような状況をふまえ、本計画書はひとり親家庭等の自立を促進していくための基本的な方向性を示しています。

本計画書は、平成25年度に実施したひとり親家庭・寡婦の皆様からの実態調査をもとに生活実態や意向を把握するとともに、前計画の実績や課題の検討等を行い、第2期計画(平成27年から平成31年)として策定委員会の委員の方々からご意見をいただき策定しました。
 
アドビリーダーダウンロードページへジャンプ このページはPDF形式のファイルにてデータ提供をしています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。また、PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロードページへ
 
お問い合わせ   家庭児童相談室 電話0283-20-3002
kateizidou@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る