HOME 計画・方針など
 
佐野市新庁舎建設計画


本庁舎(高砂町)は、築後40年以上を経過し、分散化、狭あい化、耐震性の不安、防災・災害対策の拠点としての機能不全、建物の老朽化、情報通信技術の高度化への対応の限界など様々な問題を抱えておりました。

特に、耐震性の問題は深刻であり、東日本大震災の影響で、本庁舎議場棟は一部使用不能となりました。また、耐震診断では、大規模な地震により建物が倒壊または崩壊する危険性が高い状況にあるとされ、本庁舎は解体し、仮庁舎へ移転することとなりました。

そこで、「佐野市新庁舎建設計画」を策定し、早急な庁舎機能の回復と市民サービス向上のため、新庁舎の早期完成を目指すものです。

 
アドビリーダーダウンロードページへジャンプ このページはPDF形式のファイルにてデータ提供をしています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。また、PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロードページへ
 
お問い合わせ   新庁舎建設準備室 電話0283-20-3058
chousya@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る