HOME 市有施設の適正配置
 
市有施設の適正配置


行政改革

 
佐野市市有施設適正配置計画
  本市は、合併前の旧市町で整備した施設を引き継いでいることにより、400を超える施設を保有しています。これらの施設の半数以上が建築後30年を経過しており、これから一斉に大規模改修や更新時期を迎え、更新費用の増大が見込まれます。一方で、今後、人口減少、特に生産年齢人口の減少に伴う税収の減少などが見込まれる中では、すべての施設をこれまでと同じように維持していくことは非常に困難な状況にあります。そのため、将来を担う次の世代の負担にならないよう、計画的に施設の適正配置に取り組んでいくため「佐野市市有施設適正配置計画」を策定しました。

なお、策定にあたりましては、市民説明会でいただいたご意見や佐野市外部評価委員会からのご提言を反映しました。
   
「佐野市市有施設適正配置計画」の基本的な考え方
  計画期間
    平成30年度から平成59年度までの30年間とします。
また、10年間を1期間として、前期計画期間・中期計画期間・後期計画期間とします。
  地区の区分け
    現在のコミュニティの状況や旧市町の施設整備状況を踏まえ、20地区を基本とします。
  対象施設
    404施設(平成26年3月31日時点)を対象とします。
  縮減目標
    保有施設の総延床面積を25%縮減することを目標とします。
  基本方針
    (1)地区の特性を踏まえた適正な施設配置の実現
(2)量から質への施設のあり方の転換
(3)計画的な予防保全による建物の長寿命化の実施
     
施設評価による方向性グループ
  老朽化状況を踏まえた安全性、行政サービスの提供の必要性の2つの観点から各施設の評価を行い、統廃合や複合化、長寿命化など、A・B・Cの3つの方向性グループに分類し、見直しの方向性を示しました。

区分 施設数 方向性 詳細
Aグループ 74施設 「廃止・譲渡」を行う 施設一覧
Bグループ 42施設 「統合・複合化」を行う 施設一覧
Cグループ 288施設 「改修/更新・現状維持」を行う 施設一覧
   
「佐野市市有施設適正配置計画」に関する市民説明会を開催します
  「佐野市市有施設適正配置計画」の内容や今後の取組などについて知っていただくため、市民説明会を開催します。お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。
【時間】各日とも、午後7時〜8時
地域名 期日 会場
佐野地域 5月8日(火) 勤労者会館(浅沼町)
田沼地域 5月9日(水) 田沼中央公民館(戸奈良町)
葛生地域 5月11日(金) 葛生あくとプラザ(あくと町)
※事前申込は不要ですので、会場へ直接お越しください。
 
市有施設等のあり方に関する基本方針
  保有する施設の基礎情報や利用状況等を把握するための「市有施設白書」と市有施設の現状と課題、将来の更新費用等を明らかにし、今後の点検や維持管理等に関する方針をまとめた「市有施設等のあり方に関する基本方針」を策定しました。
   
   
 


戻る このページのトップへ