HOME 各課のページ 行政経営課
 
マイナンバー制度とは


マイナンバー制度について
  マイナンバー制度は日本国内の全住民一人一人に異なる番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関にある情報が同じ人の情報であることを確認するために活用されるものです。
具体的には、公平・公正な社会の実現、国民の利便性の向上、行政の効率化を目指して導入されます。
マイナンバー制度導入理由
(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料)
   
マイナンバー(個人番号)の概要
 
平成27年10月から、住民票を有する全ての方に通知される、一人一人異なる12桁の番号のことです。

佐野市では、11月以降にマイナンバーをお知らせする通知カードが送付されました。
※通知カードの詳細はこちらをご覧ください。

マイナンバーは一生使うものです!
大切にしてください。

番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、マイナンバーは生涯変更されません。
マイナンバーキャラクターマイナちゃん
   
マイナンバーが必要な場面
  平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続でマイナンバーが必要になります。
マイナンバーは社会保障・税・災害対策分野の中で法律に定められた行政手続でのみ利用します。
法律に定められたもののほか、地方公共団体が条例で定める事務にもマイナンバーを利用します。
マイナンバーは次のような場面で使います。

マイナンバー利用例
(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料)
   
マイナンバー制度のスケジュール
 
平成27年11月〜 住民票の住所に通知カード送付
平成28年1月〜 マイナンバーカード(個人番号カード)の交付開始、マイナンバーの利用開始
平成29年7月〜 他機関との情報連携の開始(試行)
マイナポータルの運用開始(試行)
※マイナポータルについては、詳細が分かり次第、お知らせします。
平成29年秋頃〜 他機関との情報連携の本格運用開始
マイナポータルの本格運用開始
※具体的な運用開始時期等は、詳細が分かり次第、お知らせします。
   
マイナンバー制度の最新情報
  内閣官房ホームページにマイナンバーに関する最新の情報が掲載されていますので、ご覧ください。
 
 
お問い合わせ   行政経営課 電話0283-20-3005
gyouseikeiei@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る