HOME 各課のページ 行政経営課
 
マイナンバーを含む個人情報保護について


マイナンバー制度では、個人情報の安心・安全を確保するため、以下のような保護の仕組みを整えています。

制度面の保護の仕組み
 
法律に定めがある場合を除き、マイナンバーの収集・保管を禁止しています。
なりすまし防止のため、マイナンバーを収集する際には本人確認が義務付けられています。
特定個人情報保護評価の実施が義務付けられています。
*保護評価の詳細は、こちらをご覧ください。
マイナンバーが適切に管理されているかを、個人情報保護委員会という第三者機関が監視・監督します。
法律に違反した場合の罰則を、従来に比べて強化しています。
   
システム面の保護の仕組み
 
個人情報を一元管理するのではなく、従来どおり、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散して管理します。

システム面の保護の仕組み
(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー概要資料)

行政機関間での情報のやりとりは、マイナンバーを直接使いません。(符号というマイナンバーとは別のものに変換して情報連携を行います。)
システムにアクセスできる人を制限・管理し、通信する場合は暗号化します。
 
 
お問い合わせ   行政経営課 電話0283-20-3005
gyouseikeiei@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る