HOME 各課のページ 北関東自動車道沿線開発推進室
 
出流原PA周辺総合物流開発整備構想の策定


出流原PA周辺総合物流開発整備事業の実現を図るため調査・検討を実施し、構想エリアなどの物流拠点整備の骨子となる構想を次のとおり策定しました。

基本テーマ
  物流・高速交通機能を活用した北関東圏域における広域的なネットワーク拠点の形成
   
期待される効果
  ・企業の進出に伴う新たな雇用の創出、定住促進
・物流の効率化による地域産業の活性化、国際競争力の強化
・企業立地に伴う市税・県税等の増収
・公共交通の利用圏域拡大、周辺地域住民の利便性向上
・首都圏への車両流入抑制、渋滞解消
・温室効果ガスの排出抑制、地球環境負荷削減
・観光振興、地域活性化による地域力の向上
・被災地への緊急物資輸送、人的支援の速達性向上
・大規模災害時の対応能力強化出
   
構想エリア図及びゾーニング図
  構想エリアは図のとおりとし、ゾーニングにあたっては、出流原PAにスマートインターチェンジの設置に向けた取組みを推進していることから、物流や交通の機能を出流原PA 周辺に配置し、国道293号沿いに産業施設を集約することが効果的であると考えられます。

このような観点から地形・環境・道路状況により構想エリアをA・B・C・D・E・Fの6つに区分し、ゾーニングを行いました。なお、構想エリアはゾーンごとに法規制や現況に差があることから、エリア全体の整備を同時に進めるよりも、段階的に分けて進めることが効果的であると考えられます。
   
ゾーン別の想定施設
 
A 物流・産業ゾーン   構想エリア及びゾーニング図
 
インランドポート
(内陸型海上コンテナターミナル)
物流センター
産業施設(工場・倉庫・事業所)
 
     
B 物流・産業ゾーン  
 
物流センター
産業施設(工場・倉庫・事業所)
 
     
C 交通・交流ゾーン  
 
高速バスターミナル
ドライバー休憩施設
 
     
D 物流ゾーン  
  ・物流センター  
     
E 産業ゾーン  
  ・産業施設(工場・倉庫・事業所)  
     
F 防災ゾーン  
  ・備蓄倉庫
・災害時における支援物資集積施設等
 
   
事業化に向けての今後の課題
  今後は、事業主体、事業区域、整備スケジュールなどについて検討を進めていきます。
   
 
お問い合わせ   北関東自動車道沿線開発推進室 電話0283-20-3045
 
このページのトップへ
戻る