HOME 各課のページ 観光立市推進課
 
インバウンド(訪日外国人旅行)への取り組み


本市はクリケットによるまちづくりを推進するなか、市内で国際大会などが開催されており、特にクリケットの盛んな南アジア各国の来訪者が増加しています。

これらの国では、世界三大宗教のひとつであり、世界人口の4分の1を占めるイスラム教徒(ムスリム)の割合が高いことから、市内では飲食店や宿泊施設など、民間の両毛ムスリムインバウンド推進協議会の皆さんを中心に、ムスリムの方々へのおもてなしが積極的に進められています。こうした背景から、佐野市では同協議会と共に、インバウンド(訪日外国人旅行)において、ムスリムに特化した取り組みをしていきます。

7月には、佐野市と「両毛ムスリムインバウンド推進協議会」、そしてムスリム人口が多い国・インドネシアの「ジャパンハラルツアー」の3者で、佐野市を含む日本ツアー実施に向けた覚書を締結しました(写真)。これにより、今後、インドネシアから佐野市を含む日本ツアーが実施される予定です。

ムスリムの方々には、豚肉などを口にできないといった食文化をはじめ、1日5回の礼拝といった生活の規範があります。こうした文化の違いを理解し、佐野市を訪れるムスリムの方々をぜひ「おもてなしの心」でお迎えいただけるよう、よろしくお願いします。(平成28年10月掲載)
 
お問い合わせ   観光立市推進課 電話0283-27-3011
kankousuisin@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る