HOME 各課のページ 家庭児童相談室
 
寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します


市では、未婚で20歳未満の子を養育するひとり親家庭を対象に、下記の対象事業について、離婚、死別等によるひとり親家庭と等しく支援を受けられるようにする「寡婦(夫)控除」のみなし適用を実施します。

【対象となるひとり親家庭】
20歳未満の子がいること及び婚姻歴がないことなどが必要です。

【対象事業・受付窓口・問合せ】
対象事業 受付・相談窓口 電話
補装具費支給事業 障がい福祉課 20-3025
日常生活用具給付等事業
介護給付事業
訓練等給付事業
日中一時支援事業
移動支援事業
訪問入浴サービス事業
障がい児通所給付事業
小児慢性特定疾病児日常生活用具給付事業
放課後児童健全育成事業 こども課 20-3023
特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料 保育課 20-3038
私立幼稚園就園奨励費補助金
病後児保育利用料
母子家庭等自立支援給付金給付事業(高等職業訓練促進費等) 家庭児童相談室 20-3002
母子生活支援施設入所事業
子育て短期支援事業

※条件は異なりますが、市営住宅等使用料についても、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています。詳しくは、建築住宅課に問い合わせください。

【実施時期】
平成29年4月1日から

【申請方法と受付窓口】
各事業の申請窓口で、対象者からの申請により受付、審査、決定します。

このみなし適用は、上記事業の負担額算定などにのみ用いるもので、税法上の控除を受けることはできません。
詳しくは、各事業の申請窓口に問い合わせください。
 
お問い合わせ   家庭児童相談室 電話0283-20-3002
 
このページのトップへ
戻る