トップへもどる
いち・じんこう・めんせき
シンボル
としこうりゅう
たべものじまん
そのほかじまん
しぜん
れきし
みんわえほん
イベント
さんぎょう
しやくしょのしごと
さのしぎかい
きをつけよう
ごいけんばこ
 
さのしのホームページにもどる(別ウィンドウ)
 
トップ 自然(しぜん)1
 
自然(しぜん)1


佐野市北部(ほくぶ)にそびえたつ1千メートル(きゅう)の山々。その山々はわたしたちをなごませてくれる豊かな自然をはぐくんでくれます。

たとえば、植物(しょくぶつ)北部(ほくぶ)秋山町(あきやまちょう)では2月中旬(ちゅうじゅん)から3月にかけてザゼンソウをみることができます。その形は、ダルマさんが 座禅ざぜん をしているようです。また、高さ20メートル、(えだ)の広がりが最大(さいだい)28メートルもあるしだれ(ざくら)は、 樹齢じゅれい 350年以上(いじょう)といわれています。

氷室山ひむろさん源流げんりゅう としてながれる秋山川(あきやまがわ)旗川はたがわ上流じょうりゅう では、 三滝さんたき大滝おおたき五丈の滝ごじょうのたき など、さまざまな(たき)をみることができます。少し川をくだるとイワナ、ヤマメ、アユ、カジカなどがつり人をたのしませてくれます。

ザゼンソウ
ザゼンソウ
さくら
(さくら)
さんたき
三滝(さんたき)

そして、市の中央(ちゅうおう)には佐野の歴史(れきし)中心(ちゅうしん)となってきた唐沢山(からさわさん)東部(とうぶ)には 万葉集まんようしゅう にもよまれた 三毳山みかもやま 。その北斜面(きたしゃめん)にある「かたくりの里」では、3月下旬から4月上旬にかけてきれいな 薄紫色うすむらさきいろ のかたくりの花をみることができます。佐野の山々は季節(きせつ)ごとにいろんな(かお)をみせてくれます。

からさわやま
唐沢山(からさわさん)
かたくり
かたくり
たぬまのこうよう
田沼の紅葉(こうよう)


しぜん2へ


ひとつまえのページへもどる このページのトップへ

さのしやくしょへのおといあわせ

でんわ0283-24-5111(だいひょう) ファックス0283-22-9104
〒327-8501 栃木県佐野市高砂町1

Copyright Sano City Office All rights reserved.
ほんぶんへ