HOME くらしの情報 文化・伝統
 
栃木県指定文化財 田中正造遺品・9点


田中正造墨跡・9幅の写真
  1. 山岳帽−しば草を糸で編んだもので、江戸時代東北地方の武士が使用したものです。東北の人から正造に贈られ、愛用しました。
  2. 襦子袴−正造が衆議院議員時代から着用したものです。
  3. 黒頭陀袋・合切袋(各1個)−正造が身のまわり品をこの袋に入れて、携行したものです。
  4. 紺脚絆・足袋覆(各1足)−正造が晩年に常用したものです。
  5. 小石(3個)−正造は特に石を愛し、この3個は最後の枕頭にあった黒い袋に入れ、合切袋に収められていたものです。
 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る