HOME くらしの情報 文化・伝統
 
栃木県指定文化財 田中正造墨跡・3幅

(1)写真、人毎に皆口ちそゝけ田毎にもみなくちそゝけみなかみいのれの句   (2)の書の画像、真人無為而他事と書かれています   (3)渡良瀬両河川の水害見取図の写真
(1) (2) (3)

(1)、(2)は、大正2年(1913)6月に藤岡町の早乙女家において揮毫されたもので、画仙紙に書かれています。

(1)には「人毎に皆口ちそゝけ田毎にもみなくちそゝけみなかみいのれ」とあり、正造の最晩年の心境をよく表している和歌で、他にこの歌を軸に書いたものはみられません。

(2)には「真人無為而多事」と記されています。

(3)は利根、渡良瀬両河川の水害見取図であり、被害の状況を色で表しています。大正元年(1912)に、東京控訴院民事部に提出するために描かれた河川図5枚のうちの1枚です。

お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る