HOME くらしの情報 文化・伝統
 
佐野市指定文化財 細頸壺形土器


昭和36年(1961)暮、市立出流原小学校西側の畑地で、地下約1mの深さより出土した弥生式土器です。

壺は底部が小さく不安定な器形となっています。器肉は薄く、口縁部より胴上部にかけて幾何学文様があり、胴下部には擦痕、底部は網代痕で一つ穴があいています。この土器は、弥生時代の再葬墓に使用されたものです。

佐野市指定文化財 細頸壺形土器の写真1   佐野市指定文化財 細頸壺形土器の写真2
 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る