HOME くらしの情報 文化・伝統
 
佐野市指定文化財 顔氏家廟碑法帖


佐野市指定文化財 顔氏家廟碑法帖の画像朝日森天満宮境内に、陽明学者中根東里の撰文による菅神廟碑を建てるとき、その高弟須藤温が碑文字の書体を集めるのに使ったのが、この法帖です。

顔氏家廟碑は、中国唐代の忠臣で書家であった顔真卿(709〜784)の書いた碑文で、顔法と呼ばれる独特の書体でした。温が特に顔法を選んだのは、顔真卿の忠節な一生が、菅原道真に似ているからであったと思われます。なお、この貴重な法帖は、須永文庫の中の一部として市に寄付されたものです。
 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る