HOME くらしの情報 文化・伝統
 
佐野市指定文化財 出流原石灰山出土の東洋象の骨がい化石


佐野市指定文化財 出流原石灰山出土の東洋象の骨がい化石の写真昭和37年(1962)7月26日、出流原町須永石灰工業所の採石場から発見されました。

東洋象は、体長4mほどの大型の象で、地質時代新生代第4紀更新世(洪積世)中期(約80万年前)に、東アジアや日本に生存した旧象の一種です。当地は、その北限にあるので貴重な資料となっています。

東洋象の骨がい
  • 右側上顎骨の一部
  • 門歯(象牙)破片(左側)一部
  • 肋骨破片一部
 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る