HOME くらしの情報 文化・伝統
 
佐野市指定文化財 水盤・大火鉢・茶釜


佐野市指定文化財 水盤・大火鉢・茶釜の写真水盤
  • 天保6年(1835)5月願主升屋市右衛門外、宇都宮・今市・栃木・氏家等の商人240人余りで里宮に奉納されたもので、鋳工は宇陽住戸室將監藤原国重です。

  • 青銅造りで、金箔を施した形跡のある龍の図柄は見事なできです。
    • 高さ92cm
    • 幅120cm
    • 奥行き83cm



大火鉢
  • 銘文

  • 奉納弘化三年(1846)午三月吉日、佐野犬伏上町木村高蔵同柏屋幸吉同鍛冶屋辰五良同植竹七右衛門同山菅七右衛門仲町荒居兵治良

  • 鉄の鋳物で、鋳工は未詳、天明鋳物です。
    • 上底径73cm
    • 下底径54cm
    • 高さ40cm
茶釜
  • 銘文はないが、丸に鷹の羽の紋があります。これも鉄の鋳物で鋳工は不詳、天明鋳物です。水盤は保存状態が良いですが、大火鉢・茶釜は長く床下におかれていたので赤錆が酷いです。

  • 茶釜には一部欠損が見られますが、いずれも根古屋神社信仰の遺物として、その形態を知るうえからも貴重なものです。
    • 上口径18cm
    • 下底径32cm
    • 鍔部分径38cm
    • 高さ24cm
 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る