HOME くらしの情報 文化・伝統
 
佐野市指定文化財 嘉多山七輪窯


佐野市指定文化財 嘉多山七輪窯の写真このくぼ地は、明治時代から大正5年(1916)頃まで、石灰石を焼き石灰を製造した七輪窯の跡です。

石灰の製造にはいろいろな工法がありますが、七輪窯工法は小高い丘を利用し、高さ5.24m、径2mの直筒式の穴を掘り、内部には赤煉瓦を積み重ね、途中に金網を設け、下部に火入口をつけた窯です。上部に原石、下部に無煙炭を充填し原石の最上部は厚さ10cmの土で覆い、石灰を製造する方法です。
 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る