HOME くらしの情報 文化・伝統
 
佐野市指定文化財 出流原遺跡出土弥生時代資料


出流原遺跡出土弥生時代資料の写真出流原遺跡(市立出流原小学校付近)は、弥生時代中期前半を代表する遺跡として全国的に知られています。昭和39年(1964)の小学校のプール建設に際しての事前調査によって発見された遺跡です。

発掘調査は昭和39・40年の2次にわたり明治大学が主体となり行なわれました。その結果、弥生時代中期前半の再葬墓群から約100個体の細頸壺形土器や管玉が発見されました。細頸壺形土器は遺骸の容骨器として使用されたもので、管玉は副葬品と考えられます。弥生時代の再葬墓制(土葬などにより一度白骨化した遺骸を再び葬りなおす葬制のこと)を考える上で重要な遺物です。

これらの資料は「明治大学調査報告資料」として、明治大学と佐野市教育委員会が折半して所有していますが、明治大学所有資料の一部は国の重要文化財となっており、佐野市所有資料もそれらと遜色のない貴重な考古資料です。

 
お問い合わせ   文化財課 電話0283-61-1177
 
このページのトップへ
戻る