HOME くらしの情報 人権・男女共同参画
 
日本女性会議

平成31年度日本女性会議が佐野市で開催されます。
   
日本女性会議とは
  男女共同参画社会の実現に向けた課題の解決策を探るとともに、参加者相互の交流の促進や情報のネットワーク化を図ることを目的とした国内最大級の会議です。

日本女性会議は1984年、国連婦人の10年を契機に第1回目が愛知県名古屋市で開催されました。

日本女性会議には男女問わず参加することができます。
   
日本女性会議2019さの実行委員会が設立しました
  平成29年9月13日に、「日本女性会議2019さの実行委員会設立総会」を開催しました。実行委員は学識経験者や男女共同参画を推進する団体や市内外の各種団体、行政の17人で構成されます。

大会長である岡部市長の挨拶の後、役員選出や大会日程などを審議しました。

今後、実行委員会や運営委員会において詳細な内容を検討していきます。

大会名称 日本女性会議2019さの
大会日程 平成31年10月25日(金)〜27日(日)


 
   
第2回日本女性会議2019さの実行委員会を開催しました。
  平成29年12月13日に、「第2回日本女性会議2019さの実行委員会」を開催しました。会議では、とまこまい大会でのPR報告や大会の方向性が示されました。今後、運営委員会を中心に活動を展開していくことになります。
   
日本女性会議2019さの運営委員会「総務部会」「企画部会」「おもてなし部会」が設立・開催しました。
  平成30年に入り、大会全体の調整、広告・協賛、広報活動を行う「総務部会」、全体会・交流会・分科会の内容を決める「企画部会」、参加者をおもてなしする「おもてなし部会」の3つの部会が立ち上がりました。

第1回目の部会では、それぞれ部会長の選任や今後のスケジュールなどが話し合われました。今後、それぞれの部会で、より魅力的な大会になるよう協議・検討していきます。

【総務部会】 【企画部会】 【おもてなし部会】

   
平成30年度総会及び第3回実行委員会を開催しました。
 

平成30年5月24日(木)に、「平成30年度総会及び第3回実行委員会」を開催しました。

総会では、平成29年度事業報告・収支決算及び平成30年度事業計画・収支予算(案)が協議されました。

また、第3回実行委員会では、総務部会・企画部会を中心に報告されました。主な内容は、「大会テーマ・カラー・シンボルマーク」をはじめ、「全体会の講演候補者」や「分科会の企画内容の検討」など、多岐にわたる内容でした。

 
大会テーマが決定しました
  平成30年4月2日〜5月1日の約1か月間で募集しました大会テーマについて、「大会の方向性」をもとに46作品のご応募いただきました。

5月24日に開催された第3回実行委員会で選考した結果、以下の通り決定しましたのでご報告いたします。たくさんのご応募ありがとうございました!!

【大会の方向性】

人生100年時代を迎え、新しい生き方(マルチステージへの転換)ができる社会になった。
私たちはこの時代の転換期にあたって何ができ、また何をすべきか。
これまでの自分や仲間、社会のあり方をみつめると共に、次世代とともに歩み、誰もが幸せになれる社会について考え、発信します。

最優秀賞 ようこそ!「人生100年時代」さあ、共に語り、絆結ぼう。
作者:大越暢子さん(佐野市在住)
大会テーマへの想い 世の中の転換期ともいえる「人生100年時代」をポジティブに迎えられるよう、新しい生き方を考えることは誰にとっても重要なことである。本大会で参加者が共に語り合い、人と人との絆を結びながら、新しい生き方やよりよい社会の在り方を発信し、日本全体がこのことについて考えるきっかけづくりができたら、素晴らしい大会となるであろう、との思いを込めた。

優秀賞 みんなでかがやきもっと前に進もう〜Look for Nextage〜
作者:菊地裕子さん(那須塩原市在住)
大会テーマへの想い (1)最近のテーマには、どこか日本的情緒のあるワードが隠れているので、佐野から連想できる『三毳山』は外せないと考えました。万葉集の東歌にもあるように、『みかも』を入れたフレーズにしようと思いました。
(2)2019年の会議の方向性から、「新しい生き方」「時代の転換期」「社会のあり方」「次世代とともに」というワードから、「Nextage(ネクステージ)」という言葉を使いました。「Lookfor」は、「さがす」や「求める」という意味の他に「期待する」という意味もあります。また、Nextage」は「Next・Age」であり、誰もが築いていく未来であります。温故知新のワードになるかと考えました。


   
 
お問い合わせ   人権・男女共同参画課 電話0283-61-1140
jinkendanjyo@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る