HOME くらしの情報 年金・保険
 
国民健康保険 入院のときの食事代


【入院時食事療養費とは】
入院中の食材料費相当にかかる費用のうち、標準負担額を負担していただき、残りは「入院時食事療養費」として国保が負担します。

【入院時生活療養費とは】
療養病床に入院する65歳以上の方は、食費(食材料費相当+調理費相当)と居住費(高熱水費相当)にかかる費用のうち標準負担額を負担していただき、残りは「入院時生活療養費」として国保が負担します。療養病床に該当するかどうかは、医療機関にご確認ください。

【食事療養・生活療養標準負担額】
(標準負担額は、高額療養費の対象にはなりません。)
65歳未満 65歳以上
所得区分等 食事療養標準負担額(1食当たり) 所得区分等 食事療養標準負担額(1食当たり) 生活療養標準負担額(療養病床に入院の場合)
※3
食費相当額(1食当たり) 居住費相当額(1日当たり)
市民税課税世帯 260円
(360円)※5
(460円)※6
市民税課税世帯 260円
(360円)※5
(460円)※6
460円
(420円)
※4
320円
市民税非課税世帯 過去12ヶ月の入院日数が90日まで 210円 低所得(2)
※1
過去12ヶ月の入院日数が90日まで 210円 210円 320円
過去12ヶ月の入院日数が91日以上 160円 210円 320円
過去12ヶ月の入院日数が91日以上
(長期該当)
160円 低所得(1)
※2
老齢福祉年金受給者以外 100円 130円 320円
老齢福祉年金受給者 100円 100円 0円

※1 低所得(2)とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の方(低所得I以外の方)。
※2 低所得(1)とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方。
※3 人工呼吸器、中心静脈栄養等を要する状態や、脊髄損傷(四肢麻痺が見られる状態)、難病等の状態が継続する方については、食事療養標準負担額(食材料費相当)のみの負担になります。
※4 医療機関によって金額が異なります。どちらに該当するかは、医療機関にご確認ください。
※5 平成28年4月1日以降、1食あたり360円に変更となります。
※6 平成30年4月1日以降、1食あたり460円に変更となります。

【減額認定証の交付申請について】

市民税非課税世帯の方は、「国民健康保険標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することによって負担が減額されますので、減額認定証の交付申請をしてください。

減額認定証の有効期限は、毎年7月末日です。更新するためには、毎年の申請が必要です。ただし、保険証が短期証・資格証明書の方には、原則として交付することができません。

「国民健康保険標準負担額減額認定証」を交付されている方で、入院日数が90日を超えた場合は長期該当となりますので、入院日数を証明できるもの(領収証等)を持って再度申請してください。

【申請窓口】
・医療保険課(佐野市役所2階)
・田沼行政センター
・葛生行政センター
・各支所

【申請に必要なもの】
・保険証
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・窓口に来る方の本人確認書類
・世帯主及び認定証を交付する方のマイナンバーが確認できる書類※
※マイナンバーカード(個人番号カード)、または通知カード
 
お問い合わせ   医療保険課 電話0283-20-3024
iryouhoken@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る