HOME くらしの情報 年金・保険
HOME くらしの情報 健康・医療・助成
 
ジェネリック医薬品の利用と普及にご協力をお願いします


ジェネリック医薬品とは
  ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許終了後に、厚生労働省の認可のもとで製造・販売された薬です。
・新薬と有効成分が同じなので、同等の効果が得られます。
・開発コストが少ない分、新薬よりも3〜7割も安価です。
・ずっと使われてきた薬なので、安心です。
   
ジェネリック医薬品の取組み
  日本では近年の医療の高度化に伴い、年々医療費が増加傾向にあり、佐野市の国民健康保険も非常に厳しい財政状況にあります。佐野市では、被保険者の皆さんの自己負担の軽減と国保財政の健全化のため、ジェネリック医薬品の普及促進に取り組んでおり、平成24年8月から「ジェネリック医薬品のお知らせ」の通知を始めました。
   
「ジェネリック医薬品のお知らせ」
  この通知は、生活習慣病や慢性的な病気を治療するために、現在服用している薬をジェネリックに切り替えた場合、薬代がどの程度軽減できるか参考にしていただくため、その軽減額が大きい方に送付しています。
   
ジェネリック医薬品が普及していくと…
  ・医療費の節減につながります。
・医療保険制度の安定につながります。
・医療費の自己負担額も軽減する場合があります。
   
留意していただきたいこと
 
すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。
薬代が下がっても、自己負担額が新薬の使用時と変わらない場合もあります。
ジェネリック医薬品の取り扱いがない場合や、取り寄せになることもあります。
医師が使用を認めない場合は、切り替えることができません。
   
ジェネリック医薬品希望カードについて
 
ジェネリック医薬品希望カードのダウンロード[PDF201KB]PDFファイル
ジェネリック医薬品希望カードの画像画像かテキストをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが表示されます。拡大や縮小をせずプリント出力していただくと、ご使用になれます。

また、ジェネリック医薬品の希望シールを医療保険課の窓口で配布しています。この希望シールは、保険証に貼ってお使いただくものです。
   
ジェネリック医薬品希望カードの使い方
 
(1) 薬局で処方薬をもらう場合(院外薬局)
  処方せんにあるジェネリック医薬品への「変更不可」の欄に、医師のサインがなければ、切り替えることができます。
(2) 病院内でお薬をもらう場合(院内薬局)
  診察券、保険証と一緒に希望カードを出すか、医師に相談してみましょう。
   
ジェネリック医薬品に切り替えるときには
 
「お試し調剤」から始めてみましょう
  お試し調剤(分割調剤)でお願いすれば、試験的に使うことができます。
体調の変化に注意しましょう
  服用し始めたときは、体調などの変化に注意して、以前と異なるときは、すぐに医師や薬剤師と相談しましょう。
 
ADOBE リーダー このページはPDF形式のファイルで提供しています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Readerのダウンロードサイトへ
 
お問い合わせ   医療保険課 電話0283-20-3024
iryouhoken@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る