HOME くらしの情報 福祉
HOME くらしの情報 年金・保険
 
後期高齢者医療制度のしくみ


後期高齢者医療制度とは?
  後期高齢者医療制度は、それまでの老人保健制度を改め、平成20年4月から始まった制度です。これは、老人医療費が増大する中、現役世代と高齢者世代の負担を明確化し、公平でわかりやすい制度とするために創設されたもので、県内全ての市町で構成される栃木県後期高齢者医療広域連合により運営される国民健康保険や健康保険組合等と同じ独立した医療保険制度です。
【主な内容】
被保険者の方、一人ひとりに被保険者証を交付します。
保険料を被保険者ごとに負担能力に応じてご負担いただきます。
医療給付は老人保健制度と変わりません。
   
広域連合及び市の役割
 
【広域連合の役割】
・保険料の決定
・医療を受けたときの給付など

【市の役割】
・保険料の徴収
・申請や届け出の受付
・保険証の引き渡しなど
 
お問い合わせ   いきいき高齢課 電話0283-20-3021
ikiikikourei@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る