HOME くらしの情報 ごみ・環境・ペット
 
家庭用生ごみ処理機器購入費補助金制度について


家庭から出る生ごみの堆肥化や減量化の促進のため、生ごみ処理機器を購入された方に対し補助金を交付します。
補助の内容表
 
機器の種類
補助の内容
電気式生ごみ処理機 購入費の3分の1相当 1世帯につき1機まで
(上限:30,000円)
生ごみ処理容器式(コンポスト容器EM容器等) 購入費の2分の1相当 1世帯につき2器まで
(上限:1器あたり5,000円)
  • 市外で購入した機器でも補助の対象になります。
  • 付属品以外のチップ、ボカシなどは補助の対象になりません。
  • 事業所(飲食店など)で使用する場合は補助の対象になりません。
  ★主な生ごみ処理機器の紹介はこちら
   
対象者
  次のすべてに該当する方
市内に住所がある
購入後、処理機器で自己の世帯からの生ごみを処理している
市税(市民税、固定資産税都市計画税、国民健康保険税、軽自動車税)の滞納がない
申請の日以前5年以内に、世帯で、補助対象機器数分の補助金を受けていない
   
申請方法
  購入後1年以内に以下の窓口で申請してください
みかもクリーンセンター、葛生清掃センター
市民課(本庁舎)、田沼行政センター(田沼庁舎)、葛生行政センター(葛生あくと保健センター)
赤見支所
   
申請に必要なもの
 
領収書(購入者、機種、機器数、金額のわかるもの)
※容器式については、個数とそれぞれの金額のわかるもの
市税に滞納がないことを証する書類
(市長が確認することに同意する場合は不要です。)
印鑑
購入者名義の通帳
   
 
 
主な生ごみ処理機器の紹介
 
電気式生ごみ処理機(写真のもの:幅25cm×奥行35p×高55p程度)
  電気式生ごみ処理機

生ごみを熱により乾燥させて減量化する電気式の機械
【特長】
比較的簡単に利用することができ、虫や臭いの心配が少ない
季節に関係なく利用できる
 
コンポスト容器(写真左のもの:直径55cm×高70p程度)
  コンポスト容器
バケツをひっくり返したような形をした生ごみ処理容器で、庭や畑の土に容器の底を埋めて設置し、生ごみの上から土をかぶせて発酵させ、堆肥化させる容器
【特長】
堆肥化できる
一度に大量の生ごみを投入できる
安価で購入でき、維持費がかからない
 
EM容器(写真のもの:直径30cm×高40p程度)
  EM容器
密閉式の容器で、資材(ボカシ)を用いて生ごみを発酵させ堆肥化させる容器(容器の下部から液肥を取り出すことができる)
【特長】
良質な堆肥ができる
虫の心配がない
 
 
お問い合わせ   クリーン推進課 電話0283-23-8153
clean@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る