HOME くらしの情報 ごみ・環境・ペット
 
土地所有者(管理者)の方へ〜不法投棄に注意しましょう〜


自分の土地の管理を徹底しましょう。
車で移動しやすい場所や人目に付きにくい場所、柵や囲いが無い土地、雑草が生い茂っている土地は不法投棄を行う者にとって絶好の場所です。

不法投棄などをされないためのポイント
 
(1) こまめに草刈りをし、見通しのきくきれいな状態にしておく。
(2) 廃棄物を捨てられたら、次の廃棄物を呼ばないようすぐ片付ける。(ごみはごみを呼びます)
(3) 柵をする、入口に鍵を設けるなど、侵入されにくい環境を作る。
(4) 定期的に見回りをするなど、常に自分の土地の状況を把握しておく。
   
安易な土地の提供はやめましょう
 

「安く土地を整地してあげる」や「資材置き場として土地を貸してほしい」と言われ、安易に土地を提供したところ、廃棄物を埋められてしまったり山積みにされてしまった、といったトラブルが発生しています。

こうしたトラブルに巻き込まれてしまった場合、ほとんどの場合、最終的には土地所有者(管理者)が片付けることになってしまいます。

こういったことに巻き込まれないように以下の点に注意しましょう。

(1) 土地を貸すときは、相手方や事業内容をきちんと調べましょう。
(2) 土地の賃借契約の際に、「廃棄物を持ち込まないこと」や「廃棄物の保管は指定された場所に限る」などの条件を付けるなどの工夫をしましょう。
(3) 賃貸した後でも、自分の土地には日頃からこまめに足を運び、現況を把握しましょう。
(4) 廃棄物らしきものが積み上がっているなど、様子がおかしいと感じたら、まず貸した相手に事情を聞き対応を求めましょう。それでも応じなければ契約の解除を通告したり、行政や警察に相談するなどの対策を早めに行いましょう。

 
お問い合わせ   クリーン推進課 電話0283-23-8153
clean@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る