HOME くらしの情報 ごみ・環境・ペット
 
オオキンケイギク

オオキンケイギクとは
  5〜7月に黄色の花を咲かせ、見た目がコスモスに似ています。
北アメリカ原産のこの花は、かつては輸入され、道路沿いの緑化のために植えられ、または観賞用として苗が販売されていたようです。
そのため全国各地、市内でも目撃情報が寄せられております。きれいな花を咲かせますが、生命力が強く古来の野草の生態系を乱してしまうため、このオオキンケイギクは法律で「特定外来生物」に指定されています。
   
特定外来生物とは
  特定外来生物についてはこちら
   
オオキンケイギクの除去方法
  オオキンケイギクの生育場所を拡大させないためには、種子を地面に落とさない、または種子が結実するまえに除去することが必要です。
ご自宅の庭や畑などにオオキンケイギクが生育している場合には、根から抜き取り、天日に干して枯らせるか、袋に入れて腐らせるなどの措置を行いごみとして処分してください。
   
関連リンク
  オオキンケイギクについての詳細は下記をご参考ください。
 
アドビリーダーダウンロードページへジャンプ このページはPDF形式のファイルにてデータ提供をしています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。また、PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロードページへ
 
お問い合わせ   環境政策課 電話0283-20-3013
kankyou@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る