HOME くらしの情報 ごみ・環境・ペット
 
ガビチョウ

ガビチョウとは
  全長20p前後の小鳥で、目の周りが白く後方にかけて白い筋があるのが特徴です。主に地上で昆虫や果実などを食べます。江戸時代にペットとして輸入され、飼われていたものが野生化し各地へ定着したと考えられます。市内でも目撃情報が寄せられております。在来鳥類の生態系を乱してしまう恐れがあるため、このガビチョウは法律で特定外来生物に指定されています。
   
特定外来生物とは
  特定外来生物についてはこちら
   
関連リンク
  ガビチョウについての詳細は下記をご参考ください。
 
アドビリーダーダウンロードページへジャンプ このページはPDF形式のファイルにてデータ提供をしています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。また、PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロードページへ
 
お問い合わせ   環境政策課 電話0283-20-3013
kankyou@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る