HOME くらしの情報 ごみ・環境・ペット

 
犬の登録と狂犬病予防注射について


犬の飼い主には、犬の登録(犬の生涯に1回)と、狂犬病予防注射(毎年1回)が法律により義務付けられています。

犬の登録について
  犬を取得した日(生後90日以内の犬の場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に市に登録をしてください。
登録をすると犬の鑑札が交付されますので、必ず飼い犬に着けてください。飼い犬が迷子になったときに、飼い主を探す手掛かりにもなります。

【登録申請のできる場所】
環境政策課(庁舎5階)
狂犬病予防集合注射会場(毎年4月に実施)
次の動物病院(させ犬猫の病院を除く)
病院名 住所 電話番号
飯塚動物病院 多田町917 62-1416
佐野動物病院 富岡町186-1 24-3417
(有)セントラルアニマルクリニック 金吹町2354 22-0734
のぞみ動物病院 栃本町2429-1 62-7921
野本動物病院 越名町266 21-3808
アルファ動物病院 大橋町3235-35 22-8887
させ犬猫の病院 鐙塚町154-3 23-1339


【登録手数料】
3,000円

【必要書類】
   
狂犬病予防注射について
 

世界では、毎年5万人ほどが狂犬病により命を落としています。平成18年には、日本人が東南アジアで犬に噛まれ、帰国後に狂犬病を発症して亡くなった事例があります。狂犬病は、発症後の有効な治療法が存在していません。そのため、狂犬病は感染の予防が最も重要な病気です。
人の命、愛犬の命を守るためにも、飼い犬に狂犬病予防注射を毎年1回必ず受けさせてください。
狂犬病予防注射は、毎年4月に実施している狂犬病予防集合注射会場のほか上記の動物病院でも受けることができます。

【料金】

(1) 狂犬病予防集合注射会場で受ける場合
3,300円(注射済票交付手数料込み)
(2) 動物病院で受ける場合
料金は集合注射会場で受ける場合と異なることがありますので、各病院にご確認ください。

【注射済票の交付】
狂犬病予防注射を受けると、注射済票が交付されますので必ず首輪等に着けてください。注射済票は、飼い犬が迷子になったときに飼い主を探す手掛かりにもなります。また、ペット預かりサービスなどを利用する際に提示を求められることもあります。
※上記の動物病院(させ犬猫動物病院を除く。)以外で狂犬病予防注射を受けた場合は、注射済票は交付されません。動物病院で発行された狂犬病予防注射済証を環境政策課に持参し、注射済票の交付を受けてください。
(注射済票の交付手数料は、1頭につき550円です。)
   
登録内容の変更について
  犬の登録事項(犬の所在地、犬の所有者の住所・氏名、犬の所有者)に変更があったときは、犬の登録事項変更届を環境政策課へ提出してください。
   
転入・転出のとき
  佐野市へ転入したときは、上記の犬の登録事項変更届に前居住地で交付された鑑札及び注射済票を添付して環境政策課へ提出してください。
市外へ転出したときは、転出先の自治体に、転出先で備える犬の登録事項変更届に佐野市の鑑札及び注射済票を添付して提出してください。
   
飼い犬が死亡したとき
  犬の死亡届に鑑札及び注射済票を添付して提出してください。
 
お問い合わせ   環境政策課 電話0283-20-3013
kankyou@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る