HOME くらしの情報 ごみ・環境・ペット
 
飼い犬・飼い猫の引取りは事前相談が必要です


動物の愛護及び管理に関する法律により、動物の所有者として終生飼養が明記
されており、それに反する引取りは栃木県が拒否できることとなっています。

動物の引取りを拒否できる場合として以下のものが規定されています。
犬猫等販売業者である場合
引取りを繰り返し求められた場合
子犬や子猫の引取りを求められた場合であって、繁殖制限を講じる旨の指導に応じない場合
犬猫の老齢または疾病を理由として引取りを求められた場合
引取りを求める犬猫の飼養が困難であるとは認められない場合
引取りを求めるにあたって、あらかじめ新たな飼い主を探す取組をしていない場合

引取りを頼む前に
 
新しい飼い主を探しましょう
小さな命を奪わないために不妊や去勢の手術を受けましょう
自分の犬や猫がまわりの人たちの迷惑にならないよう、しつけや飼育環境を考え整えてあげましょう
犬や猫の命も大切な命です、飼い続ける努力をしてください
引取りを頼むのは、最後の手段です
   
引取り手数料
  引取りのときに栃木県収入証紙でお支払いいただきます
生後91日以上の犬、猫1頭(匹)3000円
生後91日未満の犬、猫1頭(匹)600円
   
罰金
  犬や猫などの愛護動物をすてた人は、100万円以下の罰金が科せられます

※詳しくは、栃木県動物愛護指導センターへお問い合わせください
 
お問い合わせ   栃木県動物愛護指導センター028(684)5458
 
このページのトップへ
戻る