HOME くらしの情報 健康・医療・助成
 
熱中症に注意しましょう!

暑さの影響を受けて起こる体調不良(食欲不振、全身のだるさや疲労感、気力の喪失や睡眠不足など)を総称して夏バテと呼ばれています。その原因は、自律神経バランスの乱れや、食欲不振から起こるビタミンやミネラルなどの栄養素やエネルギー不足です。

夏バテなどの体調不良は、熱中症となる危険性を高めるので、十分な睡眠とバランスの良い食事を摂り、水分補給に気を付け、予防につとめましょう。
   
7月は熱中症予防強化月間です
  気温が急に高くなり、蒸し暑い季節となるこれからの時期は、熱中症が発生しやすくなっています。

毎年佐野市でも、7月は8月とほぼ同数の方が熱中症のために救急搬送されています。

のどが渇いていなくてもこまめに水分を補給する、運動などで汗をかき暑さに体を慣らす、エアコンや扇風機などを上手に利用するなどの工夫をして、熱中症を予防しましょう。
   
熱中症とは
  暑い環境にいると、体の中の水分や塩分のバランスが崩れて、体温調節がうまく働かなくなり、熱中症となります。毎年亡くなられる方がいる、生命にかかわる危険性の高い病気ですが、きちんと予防・対処をすれば防げる病気です。
   
いつ、どのような時に起こりやすいか
  熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。

環境
・気温や湿度が高い、風が弱い、熱波の襲来、日差しが強い
・閉め切った空間(部屋、車内など)、エアコンがない
・急に暑くなった日
からだ
・高齢者、乳幼児
・肥満、持病(心疾患、糖尿病、高血圧、認知症など)がある方
・低栄養状態
・下痢や風邪での脱水症状
・体調不良(寝不足、二日酔いなど)の方
行動
・激しい筋肉運動や慣れない運動
・長時間の屋外作業
・水分補給をしない、できない
また、日常生活においては就寝中や家事など屋外より屋内のほうが多くなり、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されています。
   
どのような症状があるか
 
軽症
手足のしびれ、めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り(筋肉痛)、口が渇く、汗が止まらない
中等症
頭痛、体がだるい、吐き気、力が入りにくい
重症
意識がない、けいれん、呼びかけに対して返事がおかしい、まっすぐ歩けない、高体温
自力で水分・塩分補給ができない場合は医療機関へ
意識がない・意識がもうろうとしている場合は直ぐに救急車を呼びましょう
   
予防と対策
 
室内で涼しく過ごす工夫
窓からの日射を遮断する(すだれや遮光カーテン、日遮断フィルムの使用)
扇風機やエアコンを使って温度調節をする
風通しをよくする(向き合う窓を開けて風の通り道をつくる、扇風機で空気の流れを作る)
気化熱を利用する(気温が低いうちに打水をする)
衣服の工夫
通気性のいい服、ゆったりとした服
汗が乾きやすい服、吸汗・速乾素材の服
熱を吸収しやすい黒色系を避ける
外出時の注意
日傘や帽子の着用
扇子や団扇、飲み物を持ち歩く
暑い日は無理せず、外出はできるだけ控える
こまめに休憩する
体調がおかしいと感じたらすぐに涼しい場所で休む
こまめな水分補給
のどが渇く前に
外出前、運動前、起床時、入浴前後など、汗をかく前、かいた後に
アルコール飲料は利尿作用があるため、水分補給には適しません
個別の条件や体調に合わせて
暑さに慣れていない時期(梅雨の合間の急に気温が上がった日、梅雨明け直後など)、体調が悪い時、寝不足の時、二日酔いの時は要注意
高齢者、乳幼児は体温調節機能の低下や未熟により特になりやすいので周囲の人も注意する
高齢者:のどが渇かなくても水分補給、部屋の温度をこまめに確認する
子ども:顔色や汗のかき方を十分に観察、適切な飲水行動を学習、日頃から暑さに慣れさせる
心臓疾患、糖尿病、精神神経疾患、広範囲の皮膚疾患なども「体温調節が下手になっている」状態であるため注意が必要
暑さに備えたからだづくり
日頃から汗をかく習慣を身につける
食事を少量でもバランスよく摂る

経口補水液の作り方
 
水または湯冷まし 1リットル
3グラム
(小さじ1/2(ティースプーン半分))
砂糖 40グラム
(大さじ4と1/2(カレースプーン山盛4杯半))
レモン汁または
グレープフルーツ果汁
お好みで加えてください
  ※これらの材料をよく混ぜてください
  ※高血圧などで塩分の摂取を制限されている方は医師にご相談ください
   
熱中症かな?と思ったら
 
1.涼しい場所へ避難する
風通しの良い日陰・屋内や、できればクーラーが効いている室内に避難する。
2.脱衣と冷却
衣服をゆるめたり、脱がせる。
露出した皮膚や下着の上から水をかけて、うちわや扇風機で風を送り、体を冷やす。
保冷剤や冷たい缶・ペットボトル飲料があれば、首の両脇、脇の下、足の付け根に当てて冷やすと効果的。
3.水分・塩分の補給
熱中症が疑われる時や大量に汗をかいた場合は、経口補水液やスポーツドリンクが最適。
冷たい飲み物で体内から体を冷やす。

意識がもうろうとしている、水分を飲ませても吐いてしまう場合は、すぐに医療機関で処置を受けてください。
無理に水分を飲ませるのは危険です。
医師から水分・塩分摂取について指導を受けている方は、医師の指示に従ってください。
4.医療機関を受診する 上記対応しても症状が改善しない時は医療機関を受診してください。
自力で水分・塩分が摂れない時、また、意識がもうろうとしているときやけいれんを起こしているときは、直ぐに救急車を呼んでください。
   
WBGT(暑さ指数)とは
  WBGT(暑さ指数)とは、熱中症の予防を目的とし、人体と外気の熱のやりとりに着目した指標のことで、気温だけでなく、湿度や周辺の環境条件の影響を受けています。
日常生活に関する指針(日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)より)

温度基準
(WBGT)
注意すべき
生活活動の目安
注意事項
注意
(25度未満)
強い生活活動でおこる危険性 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。
警戒
(25度以上28度未満)
中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
厳重警戒
(28度以上31度未満)
すべての生活活動でおこる危険性 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
危険
(31度以上)
高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

WBGT(暑さ指数)で28度を超えると、熱中症患者が急激に増えるとの報告があります。
環境省では、「熱中症予防情報サイト(別窓)」で予測値・実況値の提供を行っています。
   
熱中症対策リーフレットと関連サイト
  熱中症対策にご活用ください。

【熱中症対策リーフレット】

【関連サイト】
   
 
お問い合わせ   健康増進課 電話0283-24-5770
shokensenta@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る