HOME くらしの情報 健康・医療・助成
 
風しんの流行にご注意ください

関東地方で風しんの届出が大幅に増加しています。特に30代から50代の男性(※)においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。
今後、感染者が増える可能性がありますので、風しんにかかったことがない方や風しんの予防接種を受けたことがない方、もしくは風しん抗体価が低い方は、ご注意下さい。風しんの予防は、予防接種が有効です。

※30代から50代の男性は、過去の予防接種制度において医療機関などで1回接種しているか、1回も接種していない可能性があります。
   
風しんとは
  風しんウイルスの飛沫感染(咳やくしゃみなどを介して感染)によっておこる感染症です。感染すると2〜3週間後に発疹、発熱、頸部リンパ節腫脹などの症状が現れます。「三日ばしか」とも呼ばれるように、発疹も発熱も3日間程度で治りますが、成人で感染すると重症化することがあります。まれに脳炎などの合併症をおこすこともあります。
   
先天性風しん症候群について
  風しんの抗体を持たない妊婦が、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴を主症状とする先天性風しん症候群の子どもが生まれる可能性があります。
妊娠中の方は風しんの予防接種を受けることができません。そのため、抗体価の低い妊婦の夫や同居家族等が、風しんにかかったことや風しんの予防接種を受けたことがない、又は風しんの抗体価が低い場合、任意で風しんの予防接種を受けることもご検討ください。
女性の方は、風しんの予防接種後2か月程度妊娠を避ける必要があります。
   
予防接種について
  ・定期予防接種:下記の1期、2期対象者は無料(公費負担)で受けることができます。なお、定期予防接種に使用するワクチンは、「麻しん風しん混合ワクチン」となります。

1期 1歳以上2歳未満、
2期 小学校入学前1年間の年長児;

・任意予防接種:定期予防接種対象者以外の方は、費用は有料(全額自己負担)となります。接種を希望される場合は、直接医療機関にお問合わせください。
   
風しん抗体検査について
  先天性風しん症候群の発生を予防するため、栃木県では妊娠を希望する女性等を対象に無料で風しん抗体検査を実施しています。
詳しくは、栃木県ホームページ(別窓)をご覧ください。
   
風しん関連情報
  厚生労働省(別窓)
国立感染症研究所(別窓)
   
   
 
お問い合わせ   健康増進課 電話0283-24-5770
shokensenta@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る