HOME くらしの情報 学校・教育
 
佐野市立小中学校施設の耐震化の状況について


学校施設は、児童生徒等が一日の大半を過ごす活動の場であるとともに、非常災害時には地域住民の応急避難場所としての役割を果たすことから、その安全性の確保は極めて重要です。

佐野市では、新耐震基準以前(昭和56年5月以前)に建築された校舎等について耐震診断を実施し、その結果に基づいて計画的に耐震化補強工事を進め、平成27年度にすべての工事が完了しました。

耐震診断結果
  各小中学校耐震診断の結果につきましては、下記リンクからご覧下さい。
   
耐震化の状況(平成28年3月現在)
 
区分
全棟数
A
新耐震基準による棟数
B
旧基準による棟数
耐震化率
(B+C)/A
耐震性有
C
耐震性無
D
小学校 校舎
44
14
30
0
100.0%
体育館
27
5
22
0
100.0%
中学校 校舎
23
10
13
0
100.0%
体育館
18
10
8
0
100.0%
合計
112
39
73
0
100.0%
   
用語の説明
 
【耐震診断】
建物の強さ、ねばり強さ、形状及び経年劣化の積により耐震性能を評価したものです。第1次診断は耐震性能を簡略に評価し、第2次診断は耐震性能を詳細に評価する方法です。耐震診断の対象は、2階以上又は床面積200uを超える非木造建築物としています。

【構造耐震指標(Is値)】
建物の耐震性能を判断するための数値で、値が大きいほど耐震性能が高くなります。文部科学省では、学校施設の安全の目安を0.7以上としています。
Is値 耐震性能
0.3未満 大規模な地震に対して、倒壊等の危険性が高い
0.3以上0.6未満 大規模な地震に対して、倒壊等の危険性がある
0.6以上 大規模な地震に対して、倒壊等の危険性が低い
※大規模な地震:震度6強以上

【新耐震基準】
昭和53年の宮城県沖地震などの大規模な地震を契機として、昭和56年に建築基準法の耐震性能に関する部分が改正されたものです。昭和57年以降に建設された建物は、新耐震基準で建設されています。
 
ADOBE リーダー このページはPDF形式のファイルで提供しています。この形式のファイルを閲覧・印刷できるソフトウェアがない場合は、アドビシステムズ社が無償配布している「Adobe Reader」をダウンロードしてインストールしてください。PDFは新しいウィンドウで開きます。
Adobe Readerのダウンロードサイトへ
 
お問い合わせ   教育総務課 電話0283-20-3106
kyoiku@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る