HOME くらしの情報 健康・医療・助成 こころの健康
HOME くらしの情報 相談 こころの健康
 
ストレスが起こすこころの病気「うつ病」


ストレスによる心身の不調が長引く場合「うつ病」が疑われます。

うつは特別な病気ではありません。厚生労働省の調査によると、一生涯のうちでは15人に1人が経験するといわれています。誰でもかかる可能性があります。

うつ病とはどんな病気?
 
「セロトニン」や「ノルアドレナリン」という脳内の神経伝達物質が減少するために生じる病気です。

脳のエネルギーが切れた状態です。たとえ落ち込んだとしても、エネルギーがあれば時間とともに元気になれますが、エネルギーが不足していると回復できず、感情のコントロールや集中力、やる気といった普段できていることができなくなります。

頑張りたくても頑張れない状態です。
うつ病とはどんな病気?
   
うつ病が疑われたら
 
ご本人が心がけること
 
ひとりで悩まず、周囲の人や相談機関に相談しましょう。
できるだけ負担を軽くした生活を送りましょう。 場合によっては、休職し、家庭内での仕事もやめて休養に徹しましょう。エネルギーが回復してくるまで省エネ生活です。特に睡眠は脳のエネルギー消費を抑える一番の回復方法です。
専門医を受診しましょう。
治療には、脳内神経伝達物質を増やす作用をもつ抗うつ薬の服用をします。一進一退を繰り返しながら徐々に回復するため、治療は根気よく続けましょう。
うつ病が回復するまで、「退職」や「退学」などの重大な決定は先延ばしにしましょう。
   
周囲の方が心がけること
 
うつ病は、病気であることを理解しましょう。
励ましではなく、じっくり話を聴きましょう。
仕事や家事、育児に配慮し、ゆっくり休める環境づくりをしましょう。
医療機関(精神科、心療内科、かかりつけ医)を受診するように勧めましょう。そして、完全によくなるまで受診や服薬のサポートをしながら見守りましょう。
   
自殺とうつ病
  自ら命を絶った人の多くは、心の病気を抱えています。佐野市で自殺された方の8割以上に健康問題の要因があり、そのうちの4割はうつ病によるものでした。

うつ病になると悲観的になり、将来に希望が持てなくなります。また、冷静な判断ができなくなるため、自殺の危険性がでてくるのです。

自殺のサインに気づいたら、勇気を出して声をかけましょう。人は誰かに話をすると楽になるものです。本人の気持ちを尊重し、耳を傾けましょう。
 
お問い合わせ   健康増進課 電話0283-24-5770
shokensenta@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る