HOME くらしの情報 消費者情報
 
高齢者や一人暮らしの人を狙った訪問販売


高齢者や一人暮らしの人を狙った訪問販売による被害や問い合わせが寄せられています。

例えば最近、「ブレーカーの点検に来ました」と訪問した業者をおばあさんが大手電力会社と勘違いし、高額な契約をしてしまいました。電力会社では、訪問時には社員証を提示し、必要な工事は無料で行います。

この例のブレーカーは、電気工事店が請け負いますが、古くても故障しない限り、使用することができます。

次は浄化槽の訪問販売業者の例です。「水洗化対策のための浄化槽設置に市から補助金が出る」という訪問でした。市の職員と名のり、この区域では補助金は出ないのに、こんなうまい話でさそうのです。

佐野市では、浄化槽の設置で、職員が訪問することはありません。こうした販売は、まさに「かたり」です。「かたり商法」は、他には消火器や浄水器が多いようです。

いつ、悪質な訪問販売業者があなたの家に訪問するか、わかりません。知らない人の訪問には、気をつけましょう。また、隣近所で情報交換をしましょう。「変だな」と思ったら、消費生活センターへご相談ください。
 
お問い合わせ 消費生活センター 電話0283-20-3015
佐野市高砂町1番地(5階)
受付:日時月〜金曜日(祝日除く)午前9時〜午後4時
shohi-center@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る