HOME くらしの情報 消費者情報
 
自動車の契約にクーリング・オフ制度の適用はありません


車の契約は「クーリング・オフできない」と言うことを知っていましたか?

車は高額な商品の為、購入する際、慎重に契約を検討すると考えられているので、クーリング・オフの適用はありません。売買契約が成立し、登録手続きが済んでいると、解約はできません。

それでは、車の契約成立はいつになるのでしょうか。
  1. 自動車の登録がされた日
  2. 消費者の注文により、車の修理、改造、架装などに着手した日
  3. 自動車の引渡しがあった日
1〜3のいずれか早い日もしくは、注文書の交付時となります。

クレジット契約利用の場合は、
  1. 車の販売者が信販会社へ、購入者に替わって立替払いの依頼を申し込みます。
  2. 信販会社が、購入者の信用調査を行ったうえで、立替払いの依頼に応じる(承諾)。
1の「申し込み」と、2の「承諾」が合致して契約が成立します。

一度、契約してしまうと、安易に解約はできません。解約損害金を請求されることもあります。くれぐれも、「契約は慎重に」、衝動買いは避けましょう。

困ったときは、消費生活センターへ相談しましょう。
 
お問い合わせ 消費生活センター 電話0283-20-3015
佐野市高砂町1番地(5階)
受付:日時月〜金曜日(祝日除く)午前9時〜午後4時
shohi-center@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る