HOME くらしの情報 消費者情報
 
花火の事故に気をつけましょう


毎年、夏場を中心に花火の事故が発生しています。花火は火薬や火気を用いた遊びなので、楽しめる反面で危険も伴います。最も多い事故はやけどですが、中には打ち上げ花火が眼球を直撃し失明などという重い事故もあります。

利用する上で、記載されている注意事項を守ることが大切
  点火にマッチやライターを使うことや、一度火を付けた花火をのぞき込むことは止めましょう。
   
被害者の年代は10歳未満に多い
  子どもが小さいうちは、親など大人と一緒に遊びましょう。大人は子どもたちが危険な行為をしないように、行動をよく監視してください。
   
万が一事故にあった場合
  すぐに専門医の受診をしましょう。また、事故品や同型品は廃棄せずにとって置き、販売店に申し出るか、消費生活センターに連絡してください。

消費生活センターでは、消費生活についての相談や出前講座などの啓発活動、借金など多重債務の相談も受けています。お気軽にお電話ください。
 
お問い合わせ 消費生活センター 電話0283-20-3015
佐野市高砂町1番地(5階)
受付:日時月〜金曜日(祝日除く)午前9時〜午後4時
shohi-center@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る