HOME くらしの情報 消費者情報
 
暖房器具の使用前にはお手入れをしましょう


日々の寒さが身にしみる季節となりましたが、暖房器具のお手入れはおすみですか?省エネや安全に使用するには、家庭での点検が重要です。手入れが悪いと、ホコリが原因で火災が生じたり、不完全燃焼などで一酸化炭素中毒を引き起こすこともあります。器具の種類に合わせた手入れが必要です。

【石油ストーブ】
タンクに古い灯油が残っていませんか。残っている古い灯油は抜き取りましょう。給油口、口金のサビ、変形、破損などがないか確認し、ホコリの掃除をしましょう

【ファンヒーター(石油、ガス)】
石油ファンヒーターの場合は、石油ストーブと同様のお手入れをし、ガスファンヒータ-の場合は、ガスホースにひび割れなどがないか確認をしましょう

【その他】
電気ストーブや電気こたつなどもホコリを良く取り除き、電源プラグ、コードの点検をしましょう。いずれの暖房器具も、構造が違いますので、取扱説明書をよく読んでお手入れをしましょう。異常を発見した場合は、使用を止め販売店やメーカーに相談してください
 
お問い合わせ 消費生活センター 電話0283-20-3015
佐野市高砂町1番地(5階)
受付:日時月〜金曜日(祝日除く)午前9時〜午後4時
shohi-center@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る