HOME くらしの情報 消費者情報
 
インターネット接続サービスの電話勧誘


光回線などのインターネット回線契約やプロバイダー契約を勧める電話勧誘についての相談が消費生活センターに多くよせられています。

【相談例】
プロバイダー契約を勧める電話が何度もあり、「息子がいないとわからない」と断ったが、勧誘がやまない。「契約するかわからないけど資料だけ送って」と言って、電話を切った。数日後、書類が届いたので開けてみると、契約したことになっていた。

【対処法】
契約書面が届いても、契約の意思表示をしていなければ、取消の連絡をし、工事に来ないように伝えまう。応じてもらえないときは、センターに相談してください。

【しつこい電話勧誘を断る方法】
あいまいな返事はしない
【良い返事】お断りします、必要ありません
【悪い返事】いいです、けっこうです、今は忙しい
業者名、連絡先、担当者を聞いたうえで、「契約するつもりはないので、電話をしないでほしい」とはっきり伝える。

※詳しくは、消費生活センターにお問い合わせください。
 
お問い合わせ 消費生活センター 電話0283-20-3015
佐野市高砂町1番地(5階)
受付:日時月〜金曜日(祝日除く)午前9時〜午後4時
shohi-center@city.sano.lg.jp

 
このページのトップへ
戻る