HOME くらしの情報 消費者情報
 
IDとパスワード(暗証番号)の管理は大丈夫ですか?


キャッシュカードの暗証番号やインターネット利用時に設定するIDやパスワードを他人に教えてしまい、お金を取られた相談が多く寄せられています。

【相談例】
警察官を名乗り、「あなたの口座が悪用されている」と電話があり、電話を代わった金融機関職員を名乗った男が、暗証番号や口座番号をを聞き出し、その後男が自宅にキャッシュカードを取りに来てお金を引き出す
安易に自分のIDとパスワードを貸してしまったら、それらを使用して他人がオークションに出品し、代金を取りながらも商品を送付せず、IDを貸した本人が高額な請求を受けてしまう

【詐欺と気づいたら】
警察に証拠を提示し、被害届を出しましょう。

【被害にあわないための対処法】
生年月日や電話番号をパスワード(暗証番号)にすると推測されやすいので避けましょう。
自分以外の誰にも分からないパスワードを作り、絶対に教えないこと、そして定期的にパスワードを変え、絶対に侵入されないようにすることが重要です

お財布やクレジットカードを大切に保管するようにIDやパスワードの管理も徹底しましょう。困った時は、消費生活センターに相談してください。
 
お問い合わせ 消費生活センター 電話0283-20-3015
佐野市高砂町1番地(5階)
受付:日時月〜金曜日(祝日除く)午前9時〜午後4時
shohi-center@city.sano.lg.jp

 
このページのトップへ
戻る