HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成20年4月21日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】佐野地区地域女性会
【開催日】平成20年4月21日(月)
【参加者】6名
【テーマ】市民参加と協働

お昼を食べながら雑談したあとで…おしゃべりランチの写真
  • 今日は市長さんに、佐野地区地域女性会の現状を知っていただけたらと思います。今日は現在の役員8名のうち6名が参加しています。明日で任期満了します。昨年より女性会では、毎年本部役員の半数を入れ替えていくことになりました。この1年、心をひとつにして運営することができました。
  • (市長)1年で役員改選とは大変ですね。同じ体制で長年続けてはマンネリ化してしまいますから、新しいメンバーで協力し合いながらやっていくのは大切ですよね。
おしゃべりランチの写真
  • 佐野地区地域女性会は会費で運営しています。会議の際のお茶や茶菓子代、それから講演会やお祭りなどに参加する手当てなどを廃止する提案をしたところ、全会一致で賛成をいただきました。「お茶などは各個人で持ってくれば済むじゃないか」「(会としての)中身をもっと充実させるほうが重要」という意見が多く、たいへんうれしく思いました。
  • (市長)予算の節約というのはなかなか大変ですよね。市も3年ほど前に合併していますが、合併時に3市町で予算を持ち寄ったものですから、あれもこれもで予算が膨らんでしまって、適正な予算規模に戻す作業をいま行っているところなんです。
おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真
  • それなんですけれども、私の関係する他団体でも、予算を組んだあとに補助金の減額を知らされることが多いんです。減額されることに対してはよしとするにしても、あらかじめ減額を説明いただいて、心の準備だけさせてもらえるとありがたいです。
  • (市長)おっしゃるとおりだと思います。平成20年度予算は、まだ始まったばかりですが、21年度予算に関しては早めに準備して、各種団体にも周知できるようにしたいと思います。
おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真
  • 私たちが抱える当面の課題として、佐野地区地域女性会は24の町会で構成されているのですが、会費の集金方法が町会ごとに違っています。町会から女性会費として出していただいているところが13町会あって、そういった町会はいいのですが、戸別訪問で会費徴収している6町会は相当苦労されているようです。市長さんが町会長連合会とお話しするとき、そのことに触れていただけたら助かるのですが…。
  • (市長)なるほど。町会のほうも女性会に関する認識が不足しているのかもしれませんね。では、折をみて話してみたいと思います。
おしゃべりランチの写真
  • 昨年の敬老会では、独自にアンケートをとりまして、何が望まれているのかを参考にして実施したところ、たいへん好評でした。今年は予算の範囲内で地域ごとに特色を出してよいとのことで、非常にありがたく感じました。
  • (市長)なるほど。国も自治体も財政が厳しい中で、これからは「協働」というものが重要なキーワードになります。お互いに大変ですが知恵を出し合うことが大切ですね。敬老会などの事業では、モノ・カネなどよりも、心のふれあい、心のケアが嬉しいんですよね。

(市長)今日はざっくばらんなお話をいただき、ありがとうございました。役所もそうですが、みなさんにも先輩達の築かれたものがあろうかと思います。よいところを守ることはもちろん大切ですが、今までの慣例どおりでは、切り抜けられない時代でもあると思います。難しいですが、メリハリをつけて、若い発想でがんばってもらいたいと思います。本当に今日はありがとうございました。
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る