HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成20年8月25日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】株式会社どまんなかたぬま JQA実行委員会
【開催日】平成20年8月25日(月)
【参加者】4名
【テーマ】産業

お昼を食べながら雑談したあとで…

おしゃべりランチ写真 おしゃべりランチ写真
  • (市長)今日の朝日新聞に、「道の駅快調」という見出しで、県内の道の駅の好調ぶりを載せた記事を拝見しましたよ。
  • そうですか。帰ったら読んでみたいと思います。市長は道の駅にどんなことを期待していますか?
  • (市長)みなさんの研究熱心さをいかして、地域の特色を出して、お客さんに喜ばれる施設であってほしいと思います。道の駅はたいへん好調ですが、これに驕らず、より細心の注意を払って商売に励んでください。行政もお客さん相手という意味では似たところがありますので、民間を参考にしていきたいと思います。
  • わかりました。でも佐野市役所の窓口は評判がいいですよ。よその市役所などにも行かれる方から聞いたのですが、対応が親切でスムーズだということです。
  • (市長)たいへん嬉しく思います。合併後ずっと「一人で仕事を抱え込まない」「困ったときは上司に相談する」などを、ことあるごとに指導してきましたが、3年たって、それが身についてきたのでしょうかね。
おしゃべりランチ写真 おしゃべりランチ写真
  • 市内にはラーメン、そば、和菓子などの有名なお店がありますが、「道の駅に入りたい」というところは、意外なほど少ないんですよね。自分の店舗最優先ということなのでしょうか?
  • (市長)市内のそういった店は、まんじゅうなど手作りで作業しているところが多いからではないでしょうか。オートメーション化すれば、大量生産できるでしょうが、それによって味が落ちたりしたら元も子もありませんからね。
おしゃべりランチ写真 おしゃべりランチ写真
  • イモフライやカンロなどは、我々にとっては普通の食べ物ですが、よそでは珍しいみたいです。私たちは、ほかにもこういった地元に埋もれているものがあると思い、そういったものを発掘したいと考えています。
  • (市長)イモフライは石井琢朗選手などの協力により、横浜スタジアムで販売しているんですよ。結構、売れていると聞いています。また、市内のイモフライ屋さんは駐車場が狭かったりするから、道の駅でイモフライを販売していることは、すごいPRになりますよね。
おしゃべりランチ写真 おしゃべりランチ写真
  • これから北関東自動車道が開通すると、佐野市内には2つの高速道が通り、2つのインターができることになりますね。
  • (市長)そうですね。よそからは羨ましがられます。加えて、佐野サービスエリアからスマートインターチェンジを整備する計画もありますから、恵まれていますよね。

    現在、市南部の新都市地区にはおよそ数百万人の方が来るといわれています。北関東自動車道の開通後は、道の駅を中心とした地域にも多くの人が流れていくと予想しています。道の駅はそのとき拠点となる施設です。みなさんには、今後も一層がんばってもらいたいと思います。
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る