HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成21年8月21日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】十和の会
【開催日】平成21年8月21日(金)
【参加者】11名
【テーマ】健康福祉

お昼を食べながら雑談したあとで…

――私たちは気功体操を通しての集まりですが、みんな退職して、老後をいかに充実して過ごすかが大きなテーマになっています。生きがいをもって暮らすためには、やはり健康がいちばん大切です。シルバー世代に対して、市役所もいろいろな働きかけをしていますが、どんな施策を用意しているのかを教えていただけますか?

(市長)老後の健康はだれもが願うことですよね。例えば、社会福祉協議会では医療機関へ行く足のない方の送迎を行ったりしていて、医療機関から遠くにお住まいの方から好評です。

また、いきいき高齢課では、「ふれあいサロン」という地域の「お茶のみ場」的な場所を提供して、高齢者が集まっていろいろな活動をできるよう支援しています。

――ふれあいサロンは、うちのほうでも毎週金曜日にやっていて、カラオケなどやっていますよ。

(市長)地域によって、それぞれ趣向を凝らしていますね。あとは、地域の老人会などでも文化的・スポーツ的な活動をやっています。私も地元の老人会に入っていますよ。みなさんも、まだまだこれからです。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――でも、80歳を過ぎて怪我したりすると、治すのに時間がかかりますよ。私のことを、サークルの他のみなさんがカバーしてくれているんです。

(市長)仲良く助け合うのはいいことですよ。長寿の秘訣は、頭を使うこと、体を動かすこと、それから仲間で集まりながらのサークル活動です。そういう方は100歳まで生きられますよ。

昨年、市内で100歳になった方は、8名いましたが全部女性でしたよ。見ていると、男性よりも女性のほうがコミュニケーションをとるのが上手ですね。おしゃべりなどは適度に頭を使いますから、健康にもいいんでしょうね。

――私は、地域の老人会にずっと入っていたのですが、その老人会はリーダー不在でなくなってしまいました。私は自転車しか乗れないので、役員は受けられなかったんです。上に立つというのは、やっぱり大変なんですよね。でも、このサークルには引っ張っていってくれるリーダーがいて助かります。

(市長)みなさんの会には、良いリーダーがいて、気功という共通の話題もあるので、まとまりやすいんじゃないでしょうか。とても良いことだと思います。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

(市長)先ほど、「車に乗れない」という話が出ましたので、私からひとつ提案させてください。みなさんは活動する上で、集まる機会が多いでしょうから、折をみて市営バスを使って蓬山などへソバを食べに行ったり、桜やツツジなどを楽しんではいかがでしょうか。

――いいですね。楽しそうですね。

(市長)料金も高くないですし、明日・明後日は「くずう原人まつり」に合わせて無料で市営バスが運行されます。また、カタクリの咲く時期はかたくりの里へ送迎バスも出ますから、ぜひご利用ください。

――そうですか。知らないと損してしまいますね。バスといえば、田沼下町の県道佐野田沼線沿い西側に、住宅の増えている区域がありますが、バス停は昔のままで、比較的住宅の少ない所に設置されています。不便なので、バス停の移設などを考えてもらえればと思います。

(市長)担当課では適宜、路線やバス停の見直しをしていますから伝えておきます。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――市民病院なのですが、最近、とても評判が良く、患者さんが増えていると聞いています。良い傾向なのですが、早く救急患者を受け入れてほしいと思います。遠いと時間もかかって心配ですし、近くの安心できる病院で受け入れてくれればと願っています。

(市長)おっしゃるとおり、現在、市民病院は一次救急にしか対応していません。私としても早く二次救急に対応したいのですが、そのためには2桁の常勤医と多くの看護師の確保が必要です。来年、院内に保育園を設けて、看護師を確保したいと考えています。早く二次救急に対応できるよう、努力します。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

(市長)みなさんと、もっとゆっくりお話ししたかったのですが、時間になってしまいました。今後も、いろいろな意見を電話で結構ですから、市にお伝えください。お体を大切にして、サークル活動を発展させてください。
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る