HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成21年10月2日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】高萩町会
【開催日】平成21年10月2日(金)
【参加者】9名
【テーマ】くらし・安全安心

お昼を食べながら雑談したあとで…

――ここ数年、佐野新都市の整備に伴い、高萩町では大型ショッピングセンターができたりして、まちは大きく様変わりしました。急激に人口や世帯数が増え、それによる「ひずみ」が生じています。アパートやマンションが次々と建設されるにつれ、町会に加入しない世帯などが増え、地域コミュニティがまとまらなくなってきています。

(市長)高萩町は、全世帯の約3割くらいが町会未加入になってしまっているんですよね。

――新しく転入されてくる方は、ちょうど子育て世帯が多いのか、2年連続で町内の新生児は50人を超えていて、なおかつまだ増えていく余地があると思われます。逆に言うと、「住みよい地域」と評価をいただいているとも言えるのだと思います。

(市長)若い方が移り住んでくるから、子どももどんどん増えているのでしょうね。他の地域とは人口構成など、異なった特徴が見られますね。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――保育園や小学校について、近い将来に備えて、行政にも考えていただきたいと思います。また、最近の高齢者はパワーがありますから、お仕事などにも携わっていただいて、健康でいきいきとした老後を迎えてほしいとも考えています。

また、地域での防犯対策として、町会で防犯サポーターを組織して活動し、万引き、置き引き、自転車泥棒などの抑止に努めています。


(市長)先ほどの自己紹介のときにお話がありましたよね。ご苦労様です。

――そういった活動もあって、地域コミュニティを使って、我々にできることはまだまだあるのではないかと考えています。そこで、新都市第2公園南側にある市有地に、町会のコミュニティセンターを建設いただいて、私たちが子育てや防犯活動の拠点として、また地域住民の世代を超えた交流の場として利用できればなどと考えています。

(市長)新都市の市有地は、区画整理のときに地域のみなさんの協力があって確保ができたわけですけれども、市の大切な財産でもあります。先ほどおっしゃった市有地は、相当広い土地ですから、1地区のためにというより、市全体としての活用を考えていかなければならないのではないかと思います。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――高萩町では、公民館のこと、保育園のことなどについても、今後を心配しています。住民が増え、公民館は手狭になってきていますし、保育園は老朽化しているうえ、増加する地域の子どもたちを受け入れられるほどの定員はありません。

(市長)公民館については、会所とコミュニティ機能を併せ持った形で建設することを、先ほどの市有地にこだわらず研究してみてはいかがでしょうか。現在の新都市地区の発展に協力いただいたみなさんの地区ですから、市としてもバックアップしていかなければならないでしょう。

また、高萩保育園も市内で3番目の古さで、これに関しては現在、市で保育園の再編計画などを練っているところです。市の施設は現在、本庁舎を含め、建て替え時期に来ているものが多く、また、財政的に厳しいこともあり、頭の痛い問題です。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――今、岩舟町との合併の話がありますが、高萩地区のまちづくりにも影響してくるでしょうか?また、合併も踏まえて、土地活用してもらえればと思います。

(市長)岩舟町は佐野市との合併を推進するという町長が誕生しましたからね。高萩地区は岩舟町から近いところに位置していますから、そういった合併に関することも、まちづくりに影響してくるのではないでしょうか。

土地活用についても、財政的に厳しい折、市有地は財産として活用しなければならないという考えもあります。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――市長さんには、佐野市が近隣都市と肩を並べていけるような発展を目指してほしいと思います。

(市長)おかげさまで佐野新都市地区は大きく発展しました。今後、北関東自動車道のインターチェンジ、佐野サービスエリアにスマートインターチェンジができる予定で、それぞれ周辺を開発する余地があります。佐野市はこれからやることがたくさんあります。観光立市を含め、収益の上がる形で発展させていきたいと考えています。

――高萩地区は、公共施設は保育園と市営住宅くらいしかなく、あまり行政の目が向いてきたとは言えないと思います。最近、目覚ましく発展し、人口や世帯数も増え、市の様々な面に貢献してきたわけですから、将来の高萩について行政も一緒になって考えていただきたいと思います。

(市長)今日はいいお話をうかがうことができました。市は、地域の問題を考える際も、全体的・総合的に考えなければなりません。みなさん地域を愛する方ばかりですから、市としてもできる限りの協力をさせていただきます。また、いろいろとお話をしましょう。
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る