HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成22年1月21日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】特定非営利活動法人まごの手
【開催日】平成22年1月21日(木)
【参加者】8名
【テーマ】市民参加と協働

お昼を食べながら雑談したあとで…

――私たち「特定非営利活動法人まごの手」は、様々な援助を必要としている方に助け合いの精神に基づき、家事・育児・介護・送迎サービスなどの援助をしています。発足10年目で、特定非営利活動法人としては5年目を迎えます。活動会員は主婦や定年退職した人たちなどで、その活動状況は、各福祉制度間のすき間を埋めるサービスで利用会員の方々に大変喜ばれています。

ただ、活動範囲が広がるに伴い、利用会員に対してサポートを行う活動会員が少なく、これ以上のサービス援助が思うようにできなくなりつつあります。そのため、市のお力をお借りしながら、いろいろな働きかけをして活動会員を増やし、市民参加の福祉サービスを行っていきたいと考えています。ご協力をよろしくお願いします。


(市長)健康はだれもが願うことですよね。特に医療機関へ行く足のない高齢者の方の送迎を行っていただくなど、困っている人の痒いところに手が届く皆さん方のような活動は、本当にありがたく思っています。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――子どもが独立し、高齢者のみの世帯が市内でも増えてきています。私たち「まごの手」のような支援組織が必要とされてきている理由も、そこにあると思います。

(市長)皆さんのように、社会的に弱い方々を支えてくれる人たちがいなくては大変なことになりますね。行政は、事務的な事はできますが、個別に訪問してのお世話はなかなか困難です。ですので、行政と個人とを繋ぎ、制度のすき間を埋める「まごの手」さんのような支援組織は、大変重要でありがたく思っています。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――福祉活動には、ボランティアと特定非営利活動法人(NPO法人)による活動があります。「まごの手」がNPO法人となり、法人格で活動しているのは、財政的な面、活動の継続性、責任の所在などが明確となるためです。

ボランティア活動にそこまで求めることは難しいですし、逆に、法人格の持つ責任の重さが私たち活動会員28名の励みになっていますし、利用会員157名の方々からの信頼にもなっています。


(市長)確かに、法人格の持つ責任の重さ、予算決算の明確化、継続性、責任の所在など大変なものがあると思います。それに、支援活動だけではなく、それを支える事務的な仕事もたくさんあると思いますからね。そうしますと、行政として「まごの手」さんにお手伝いできることは、活動会員の方々の募集ということでしょうか。

――そうですね、私たちの活動はケアマネージャーさんが知っているくらいで、一般の人たちの認知度は大変低いのが現状です。そこで、市もNPO法人の力をより発揮できるよう、私たちの活動や周知に支援をお願いしたく思います。

(市長)行政で市民活動の広報を行う場合、最適なものに、市民活動情報紙「シャイニング・アイ」というものがあります。年2回発行されて各世帯に班回覧されますので、非常に目に留まるものと思われます。情報紙の中には活動団体紹介のコーナーがありますので、皆さん方「まごの手」の活動内容を掲載していただくことで、多くの市民の方にPRすることができると思います。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

――広く市内で活動するために、会員のカンパなどで福祉車両2台を購入しましたが、市からも何らかの補助がいただければ嬉しいのですが。また、日本には、まだまだ寄附の意識が薄いですよね。一生懸命活動している団体に、投資や応援などして盛り上げようとしていただければ、もっともっと地域が良くなると思います。

現状は、日頃の活動で手一杯で、活動資金も不足ぎみのため、なかなか活動PRも出来ません。応援は、資金援助に限らず、会計や事務処理など事務方の援助もいただければ助かります。


(市長)みなさんの活動は、大変重要なものと考えていますが、市の財政もなかなか苦しく、助成したくても困難な状況です。民間の方たち、その道の専門分野の人たち、地域の人たち皆で、自分の地域は自分で支えようという活動を展開していただけると良いですね。

また、市民への周知方法の一つとしては、多くの市民が訪れるイベントに「まごの手」さんが参加するとか、PR活動をするとかしても良い方法かなと思います。


おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

(市長)それでは、皆さんともっとゆっくりお話ししたかったのですが、時間になってしまいました。今後も、いろいろなご意見を市にお伝えいただけると幸いです。また、これからも皆さんと一緒に歩んでいきたいと思いますので、お体を大切にして、ご活躍ください。
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る