HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成22年11月19日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】なんなの茶ロン
【開催日】平成22年11月19日(金)
【参加者】9名
【テーマ】教育・文化

お昼を食べながら雑談したあとで…

―――私たちは「なんなの茶ロン」いって、万町のギャラリー小楢を会場に、月例でさまざまなイベントを開催しています。バラエティに富んだ内容を企画して、イベントは5年間で60回開催できました。私たちの活動が、まちなか活性化や地域づくりに貢献できればと考えています。

(市長)みなさんの催しは、新聞などのメディアや口コミで伺っています。まちなかの活性化は、施設整備などがようやく整ってきましたが、問題はないようですからね。みなさんは、まちなか活性化活動の先覚者です。素晴らしいことだと思います。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

―――メンバーの中には、世界の舞台で活躍してきた俳優もおります。田中正造に関する舞台で、幸徳秋水を演じたこともある方です。よく演劇塾などがありますが、そういったものに参加している若い世代と交流してもらいたいと願っているんですよ。

(市長)市役所にも演劇をやっている職員がいますので、ぜひ紹介したいと思います。市内でも、文化庁の補助事業で2年ほど市民参加型の演劇塾を行っていたのですが、今後どういった活動をするか悩んでいたので、アドバイスをお願いします。

―――予算のあるうちは中央から指導者を招けるのに、補助がなくなると指導が得られなくなってしまう例が多く、もったいないんですよ。

(市長)そうですね。地元にいい人材がいるのですから、ご指導いただきたいですね。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

―――さきほど田中正造の話が出ましたが、田中正造について、佐野市民も知っているようでなかなか知らない。顕彰するアイディアを、もっと出してみてはいかがでしょうか。

(市長)実は田中正造についてですが、没後100年が2年後に迫っています。その企画や行事を市としてもいろいろ考えているところです。そちらのギャラリーでも、あわせて催しを企画していただけたら嬉しいです。

―――佐野市の博物館には、田中正造コーナーのようなものはあるのですか?

(市長)大橋町の郷土博物館にありますよ。

―――そうしたら、郷土博物館で田中正造関係の映画やドキュメンタリーなどを時々上映するなどしてみたらいかがでしょうか。

(市長)ちょっと確認してみないとわかりませんが、そういったことも考えていきたいですね。先ほども申し上げたとおり、2年後は田中正造の没後100年。いろいろな文献や本が出版されていますが、一般の方や子どもには難しくてわかりにくいんですよね。そこで、「漫画にしてはどうか」とおっしゃる議員さんがいて、このアイディアを採用し、下野新聞社さんの協力のもと製作に取り組んでいます。

―――それは面白そうですね。

(市長)みなさんのグループには素晴らしい俳優さんがいらっしゃるんですから、ぜひ田中正造の舞台に取り組んでいただきたいですね。いろいろな角度で田中正造を顕彰いただければと思います。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

―――それと市長さん、市営バスが田中正造旧宅前を経由しないのは、何とかならないでしょうか?

(市長)あそこは道路の構造上、バスがうまく曲がれないんですよね。

―――バス停から歩いてくる方もいますし、市街地からだと距離もありますから、自転車の貸し出しなども、検討いただけたらと思います。

(市長)みかもクリーンセンターで、中古自転車を再生させる事業を行っていますからね。新品でなくとも、そういった自転車を活用できたらいいですよね。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

―――まちなかの活性化については、隣の栃木市はシンポジウムを活発に行っています。「蔵の街」「巴波川(うずまがわ)」など切り口も豊富。シンポジウムに参加すると、市民は「まちなかはどうあるべきか」「自分にはどんなことができるのか」など考えるきっかけになると思うんです。

(市長)おっしゃるとおりです。ただ、佐野でもそういったシンポジウムを開催しているんですよ。講演やパネルディスカッションを行い、内容は素晴らしいものでした。ただ、PRが足りなくて、お客さんが少なく、せっかくのいい催しが勿体なかった。そこで、職員には、講演会などを行う際、もっと積極的にPRするよう、はっぱをかけましたら、別の講演会では集まりすぎて、会場の収容人数を越えてしまいました。

(市長)話は尽きませんが、またぜひお会いしましょう。ご案内いただければ、「なんなの茶ロン」にお邪魔したいと思います。
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る