HOME 市長のページ 市長とおしゃべりランチ
 
市長とおしゃべりランチ 平成23年7月15日の懇談内容(要旨)


【参加グループ】栃木県消費者リーダー連絡協議会佐野支部
【開催日】平成23年7月15日(金)
【参加者】10名
【テーマ】まちづくり

お昼を食べながら雑談したあとで…

―――本日は、市長さん、お忙しいところありがとうございます。我々は3年前にもこの「おしゃべりランチ」を利用させていただきましたが、今回は新しいメンバーもいますので、市長から直接お話を聞き、市政への理解を深めたいと考えていますし、我々の活動についても、ご紹介したいと思い、お伺いしました。

(市長)ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

―――地震では佐野市内でも大変な被害が出ましたが、市役所本庁舎も被害を受け、移転するとお聞きしましたが。

(市長)市庁舎本庁舎は、平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震で損壊し、使用できなくなりました。このため、仮庁舎への移転を余儀なくされたところです。もともと築50年弱の建物で、鉄筋なども弱っており、地震前に行った耐震診断では「震度6強で倒壊または崩壊する可能性がある」との結果が出ており、大変危険な状態です。今年11月末くらいまでには移転を完了したいと考えています。

―――災害対策についてお伺いします。地震当日は、市内でも大規模な停電が長時間続きました。省エネなども叫ばれている今日、太陽光発電などを積極的に利用していくべきだと思いますが、市ではどのような政策を進めていますか。

(市長)現在、市では、「住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器導入補助金制度」により、太陽光発電システムなどの設置の際に補助金を出しています。今日はこの制度の資料をご用意しましたので、どうぞお持ち帰りください。

―――ありがとうございます。とても良くまとまっていますね。

(市長)市もできる限りこうした省エネに関する支援をしていきますし、少しずつ省エネ化を進めていく必要があると思います。新庁舎を建設する際にも、ソーラーシステムなどを取り入れていかなくてはならないかと考えています。災害のときに対応が遅れないよう、自家発電などの装置も必要ですね。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

―――今回の震災では、地震、津波、福島第一原子力発電所事故と、多くの被害が発生しました。特に原発事故の影響は非常に広範囲に拡大しています。佐野市では、放射線量などを測定しているところはありますか。

(市長)現在、堀米町の安蘇庁舎に測定器があり、栃木県が測定結果を毎日ホームページで公表しています。佐野市は福島第一原発から直線距離でおよそ170キロメートルあり、現在までの放射線量の測定結果は大きな数値は出ていません。また、市でも、測定器を3台ほど購入する予定です。受注が殺到しており、納品には時間がかかるとのことですが、測定器が届き次第、積極的に活用していきたいと考えています。

―――今日はお忙しい中、貴重なお話をいただき、本当にありがとうございました。今後とも消費者リーダー会をよろしくお願いします。

(市長)こちらこそありがとうございました。最後に記念写真を撮りましょう。

おしゃべりランチの写真 おしゃべりランチの写真

(市長)皆さんもますますご活躍いただきたいと思います。またぜひお越しください。本日はありがとうございました。

(了)
 
お問い合わせ   政策調整課広報広聴係 電話0283-20-3037
koho@city.sano.lg.jp
 
このページのトップへ
戻る