●●佐野市●●
吉澤記念美術館
インフォメーション



■平成30年度の展覧会予定
※詳しくはこちら(PC用サイト展覧会スケジュール)

下記展覧会以外の期間は展示替休館です
【開館時間】 午前9時30分〜午後5時
【休館日】 毎週月曜日(祝休日の場合は開館、翌日休館)、祝日の翌日(祝日の翌日が土・日曜の場合は開館)展示替え期間、年末年始(12月29日〜1月3日)


●収蔵企画展
「キラメク工芸・カガヤク日本画」
▽後期:平成30年(2018) 3月17日(土)〜 5月13日(日)
▽工芸(陶芸・漆芸・金工・ガラスなど)や日本画におけるさまざまな「光」の表現をたのしむ展覧会。工芸は明治の超絶技巧から現代作家まで。日本画は近代以降の作品で、金銀の使用や、光の表現への関心・工夫に注目します。


●収蔵企画展
「ひそやかな別天地 −伊藤若冲《菜蟲譜》と江戸から近代の「絵の本」−」
 併催:吉澤コレクションの陶芸「壺中の天」
▽平成30年(2018) 5月26日(土)〜 7月1日(日)
▽伊藤若冲《菜蟲譜》は「本」の一種である「巻物」という姿をとっています。この展覧会では、巻物・画帖・版本などを展示し、掛軸などと比べて「見る人との距離が近い」という点に注目します。そっと開くと広がる、ひそやかな別天地をおたのしみください。


●収蔵企画展
「おいしい美術」
▽平成30年(2018) 7月14日(土)〜10月8日(月・祝)
▽美味しいものは人を楽しく幸せな気持ちにしてくれます。野菜や果物、魚、食卓など 「食」をテーマに、絵画・工芸作品をたのしむ展覧会です。


●特別企画展
「生誕100年 田村耕一展」
 併催:吉澤コレクションの陶芸
▽平成30年(2018) 10月20日(土)〜 12月9日(日)
▽佐野市出身の人間国宝・田村耕一(1918-87)は、本年生誕100年を迎えます。市外からの里帰り作品を中心に、知られざる側面に光をあてます。市内の「人間国宝田村耕一陶芸館」ほかと連携開催。


●収蔵企画展
「吉祥繚乱」
▽前期:平成31年(2019) 1月5日(土)〜 2月24日(日)   後期:平成31年(2019) 3月9日(土)〜 5月12日(日)
▽新年と即位・改元を祝い、おめでたいテーマの作品を集め、はれやかな美の世界をご紹介します。前期は主に吉祥主題の花鳥を、後期は日本を象徴する富士山と海にちなむ縁起物を展示し、しあわせを願います。




■問合せ
吉澤記念美術館
0283-86-2008

吉澤記念美術館トップページへ
このページのトップへ